ゴッタルド鉄道トンネル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ゴッタルド鉄道トンネル出入口
殉職者慰霊碑

ゴッタルド鉄道トンネル(ゴッタルドてつどうトンネル、ドイツ語: Gotthardtunnel)は、スイス鉄道トンネルである。現在のトンネルは全長15 kmゴッタルド鉄道Gotthardbahn)の最高地点にあり、ゴッタルド山塊を貫いてウーリ州ゲシェネンGöschenen)とティチーノ州アイロロAirolo)を結んでいてゴッタルド峠の下を通っている。

概要[編集]

標準軌複線のトンネルである。トンネルはゲシェネンの北側入口(標高1106メートル)から上り勾配で8km進み、最高地点(標高1151メートル)に達し、そこから2kmの地点でウーリ州とティチーノ州の境界を越える。そこから5 km下ってアイロロの南端出口(標高1142メートル)に到達する。スイス連邦鉄道(スイス国鉄)の列車でおよそ7 - 8分の所要時間である。

建設[編集]

トンネルの建設は1871年から1881年に掛けて行われた。スイスの技術者ルイ・ファーヴルLouis Favre)によって指揮されたが、彼は1879年心臓発作でトンネル内で亡くなった。建設は財政・技術・地理的な問題により大変困難なものとなり、正確な数は不明であるものの200人以上の労働者が険しい地形が原因で亡くなっている。トンネル内への水の侵入や、圧縮空気を利用した残土輸送システムに巻き込まれるといった理由が多かったとされる。1875年には労働者のストライキが発生したが、スイス軍により鎮圧され、4人の死者と13人の負傷者を出している。

ヴィンチェンツォ・ヴェラ(Vincenzo Vela)によって作られた殉職者の慰霊碑がアイロロの駅舎のそばに立てられている。

運用[編集]

トンネルは1882年に運用を開始した。ルツェルンからイタリア国境のキアッソChiasso)までの私鉄だったゴッタルド鉄道が運行していたが、1909年にスイス国鉄によって国有化された。1920年電化されたが、なお運行が続けられていた蒸気機関車の煙からのすすが碍子に付着して絶縁破壊を起こすため、電圧はスイス国内標準の15 kVではなく7.5 kVに制限されている。

ゴッタルド道路トンネルの開通まで、スイス国鉄はゴッタルド鉄道トンネルを経由するピギーバック輸送を営業していた。今日ではスイス国内の高速道路を通過するトラックを削減するために、ドイツイタリアを結ぶピギーバック輸送を営業している。2001年の2か月間のゴッタルド道路トンネルの閉鎖に際しては、ゲシェネンとアイロロの間で暫定的なピギーバック輸送が行われている。

関連するトンネル[編集]

1980年にゴッタルド道路トンネルが開通している。また、アルプトランジット計画の一環として、ゴッタルド鉄道トンネルより約600 m標高が低いエルストフェルトとボディオの2つの町を結ぶ新トンネルとして、ゴッタルドベーストンネルが現在建設中である。新トンネルの工事は1993年から進められており、2本のうち1本が2010年10月15日に貫通した。全長56.7 kmとなり、開通すれば青函トンネルを抜いて交通機関に供用するものとしては世界最長トンネルとなる。

関連事項[編集]