ゴッタルド道路トンネル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アイロロ側入口と計画中の2本目のトンネルの入口(右側)

ゴッタルド道路トンネル(-どうろ-)は、スイスに存在する世界で3番目の長さの道路トンネルである。(世界1位はノルウエェーのラルダールトンネル、2位は中国の秦嶺終南山トンネル18.0km))、全長16.9kmで、ゴッタルド峠の下を貫き北側のウーリ州ゲシェネンと南側のティチーノ州アイロロを結んでいる。ドイツハンブルクイタリアシチリアを結ぶ最短の道路の一部となっている。

歴史[編集]

トンネルはスイスのモータリゼーションとイタリアのリゾート地としての人気から、1980年9月5日に開通した。

2001年10月24日、トンネル内で2台のトラックが衝突して火災が発生し、11名が亡くなった。修復と清掃のためにトンネルは2ヶ月間閉鎖された。

道路状況[編集]

ゴッタルド道路トンネルはスイスの高速道路A2の一部である。バーゼルからイタリアとの国境キアッソまでを結んでいる。

トンネルは片側1車線の対面通行で、制限速度は80km/hである。

トンネルは過密状態で、しばしば渋滞を引き起こしている。これに対してアルプス山脈を貫くトンネルでは、グラウビュンデン州グラン・サン・ベルナールトンネルの方が空いており、時間的にも短いことが多い。ただし距離的にはゴッタルド道路トンネル経由の方が短い。

トンネル内では、トラックの車間距離は150メートル以上を取るように規制されている。

第2トンネル計画[編集]

第2トンネルを建設しようとする計画は政治的な問題で挫折している。道路トンネルの建設を阻止しようとした「アルプスを通過交通から守る」アルプス運動は、当初はスイスの連邦参事会により否決されたが、1994年2月に52%の賛成で国民投票を通過した。これに対しトンネル建設派のアヴァンティ運動は2004年2月に国民投票を行ったが、62.8%の反対で否決された[1]

関連するトンネル[編集]

ゴッタルド鉄道トンネルが並行している。またアルプトランジット計画の一環として現在地点より600メートル低い場所でゴッタルド峠を貫くゴッタルドベーストンネルが建設中である。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ アルプス運動、歴史 2007年9月5日アクセス

外部リンク[編集]

関連情報[編集]

延長別トンネルの一覧