コロコロ (哺乳類)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
コロコロ
Lydekker - Colocolo.JPG
保全状況評価
NEAR THREATENED
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 NT.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 哺乳綱 Mammalia
亜綱 : 獣亜綱 Theria
: 食肉目 Carnivora
: ネコ科 Felidae
亜科 : ネコ亜科 Felinae
: Leopardus
: コロコロ L. colocolo
学名
Leopardus colocolo
(Molina, 1782)
和名
コロコロ
英名
Colocolo
生息域(広域)
生息域(詳細)

コロコロ(英名Colocolo, Pampas Cat)は、南アメリカ中西部に自生する小型で、縦縞模様の野生のである。別名パンパスキャットパジェロとも呼ばれ、三菱自工製SUV「パジェロ」の名の由来となっている。

エクアドルチリからアンデス山脈を越えてアルゼンチンまで分布する。狩りや繁殖についてはほとんど分かっていないが、夜行性で主に小型の哺乳類や鳥類を食べると考えられている。近年の分類学的な研究によって独立種とされた L. braccatusL. pajeros は、以前は本種の亜種であるとされていた。

コロコロは平均で体長55-70cm、尾長27-35cm、体重3-7kgという大きさで、毛の色は灰色から黄色の地にこげ茶色の縦縞が入っている。耳の先端は尖り、房毛がある。オスはメスよりひとまわり大きい。一度におよそ2匹の子猫を生み、およそ9年から16年間生きる。

外部リンク[編集]

関連項目[編集]