コムシスホールディングス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
コムシスホールディングス株式会社
COMSYS Holdings Corporation
種類 株式会社
市場情報
東証1部 1721 2003年9月29日上場
大証1部(廃止) 1721 2003年9月29日 - 2013年7月12日
略称 CHD
本社所在地 日本の旗 日本
141-8647
東京都品川区東五反田2-17-1
設立 2003年平成15年)9月29日
業種 建設業
事業内容 持株会社
代表者 髙島 元(代表取締役社長
資本金 100億円
発行済株式総数 1億4,597万7,886株
売上高 連結:2,958億51百万円
単独:34億77百万円
2012年3月期)
営業利益 連結:125億92百万円
単独:26億62百万円
(2012年3月期)
純利益 連結:71億73百万円
単独:26億95百万円
(2012年3月期)
純資産 連結:1,645億74百万円
単独:914億23百万円
(2012年3月31日現在)
総資産 連結:2,281億35百万円
単独:1,353億30百万円
(2012年3月31日現在)
従業員数 連結:9,758人 単独:44人
(2012年3月31日現在)
決算期 3月31日
主要株主 日本トラスティ・サービス信託銀行
(信託口) 8.44%
日本マスタートラスト信託銀行
(信託口) 7.03%
日本トラスティサービス信託銀行
中央三井アセット信託銀行再信分 /
フジクラ退職給付信託口) 4.68%
日本トラスティサービス信託銀行
住友信託銀行再信分 /
住友電気工業退職給付信託口) 3.53%
(2012年3月31日現在)
主要子会社 日本コムシス 100%
サンワコムシスエンジニアリング 100%
TOSYS 100%
コムシス情報システム 100%
つうけん 100%
外部リンク www.comsys-hd.co.jp
テンプレートを表示

コムシスホールディングス株式会社COMSYS Holdings Corporation)は、東京都品川区に本社を置き、日本コムシス株式会社を中心とした、サンワコムシスエンジニアリング株式会社、株式会社TOSYS、株式会社つうけんコムシス情報システム株式会社等の情報通信工事事業、電気設備工事事業及び情報処理関連事業等を行う子会社の経営管理等を行う企業。東京証券取引所第一部に上場している。日経平均銘柄としても選ばれている。

概要[編集]

NTT認定の総合電気通信事業会社における最大手企業として、通信建設業界において確固たる地位を確立している。その企業規模に比較し、一般的な知名度は高いとは言えないが、資本金・売上高等では準大手ゼネコンと同等程度の規模を持つ。豊富な現金預金、高い自己資本比率等、財務内容も良好である。主力である日本コムシスを中心に、通信設備建設工事においては、海底ケーブルの敷設、山岳における通信鉄塔建設、通信専用トンネル築造といった大規模工事から、NTT電話局内設備工事、一般住宅での電話線の引き込み等の小規模のものまで、ありとあらゆるものを手がける。近年は、IT関係の設計・施工・ソフト開発・保守運用といった方面に注力しており、これを受け、2009年平成21年)4月にコムシス情報システム株式会社が創社された。IT総合エンジニアリング企業を標榜し、積極的な事業展開が図られている。堅実経営でも知られており、バブル期、ITバブル期、不動産バブル期もほぼ無傷で乗り越えている。

沿革[編集]

  • 2003年(平成15年)9月 - 日本コムシス株式会社、株式会社三和エレック、東日本システム建設株式会社の株式移転により設立。東京・大阪証券取引所各1部に上場。
  • 2004年(平成16年)9月 - 株式会社三和エレックの第三者割当増資を引き受ける。
  • 2005年(平成17年)4月 - 株式会社三和エレックが商号をサンワコムシスエンジニアリング株式会社に変更。
  • 2009年(平成21年)4月 - コムシス情報システム株式会社が日本コムシス株式会社より分社。

グループ会社[編集]

2012年(平成24年)3月31日現在で連結子会社39社

主な連結子会社[編集]

外部リンク[編集]