コスモス954号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
コスモス954号 (Космос-954)
イメージ図
所属 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
国際標識番号 1977-090A
カタログ番号 10361
状態 大気圏再突入
目的 海洋偵察
打上げ日時 1977年9月18日
消滅日時 1978年1月24日
近点高度 (hp) 259 km
遠点高度 (ha) 277 km
軌道傾斜角 (i) 65度
コスモス954号の原子炉
破片の捜索範囲

コスモス954号: Космос-954)は、1977年9月18日に打ち上げられた、ソビエト連邦のレーダー海洋偵察衛星 (RORSAT)。電力源としてウラン235を燃料とする発電用の原子炉を搭載していた。

墜落事故[編集]

この衛星は、運用終了後の原子炉の分離・高度の高い安定した軌道への移動に失敗し、大気圏に突入、1978年1月24日11時53分にカナダ西海岸のクィーン・シャーロット島北部でカナダ領空に侵入し、カナダ北西部に墜落した。

人的被害こそなかったものの、この墜落の結果、放射能を帯びた破片が北西準州(現ヌナヴト準州を含む)・アルバータ州サスカチュワン州にわたる、グレートスレーブ湖からベイカー湖にかけての600kmもの広大な範囲に飛び散る事態となった。

除染作業[編集]

放射性物質を取り除く作業は「朝の光作戦 (Operation Morning Light)」と名づけられ、加合同チームにより、氷が融ける4月まで(その後10月15日まで延長)、合計12万4千km2にわたって行われた[1]

12個の大きな破片が回収され、そのうち10個が放射性であり、1時間当たり最大1.1Sv の放射線を放つものもあった。しかし回収できた核燃料は全体の1%程度だと見積もられている。

カナダ政府は被害額は1400万ドル(カナダドル)に上ると発表し、ソ連に対して604万1174ドル70セントの賠償を請求した。1981年、ソ連は300万ドルの支払いに同意した。

脚注[編集]

  1. ^ Caldicott, Helen. The New Nuclear Danger: George W. Bush's Military-Industrial Complex. The New Press: New York, 2002.

参考文献[編集]

関連項目[編集]