ケンペンフェルト (駆逐艦・2代)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
HMS Kempenfelt (I18).jpg
艦歴
発注 1930年
起工 1930年10月18日
進水 1931年10月29日
就役 1932年5月30日
退役
その後 1939年10月19日カナダ海軍に移管
除籍
性能諸元
排水量 基準:1,375トン
全長 329ft (100m) o/a
全幅 33 ft (10.1 m)
吃水 12.5 ft (3.8 m)
機関 ヤーロウ・ボイラー3基
パーソンズ式減速タービン、2軸推進、36,000 shp (27,000 kW)
最大速 35.5ノット
乗員 士官10名、兵員171名
兵装
モットー Fideliter (Faithfully)

ケンペンフェルト (HMS Kempenfelt, I18) は、イギリス海軍駆逐艦C級駆逐艦の1隻。艦名はリチャード・ケンペンフェルト海軍少将に因む。

嚮導駆逐艦であるケンペンフェルトはカナダ海軍に移管されたC級駆逐艦の最後の艦であった。

艦歴[編集]

ケンペンフェルトは1930年10月18日にカウズJ・サミュエル・ホワイト社で起工した。1年後の1931年10月29日に進水し、1932年5月30日に就役した。就役後直ちに任務に就き、1939年9月の第二次世界大戦の勃発まで活動した。

第18駆逐小艦隊に配属されたケンペンフェルトはプリマスを拠点として活動し、イギリス海峡およびウェスタンアプローチ南方で船団護衛、対潜哨戒任務に従事した。

9月3日、A級駆逐艦アカスタ (HMS Acasta, H09) 、アケロン (HMS Acheron, H45)、アンテロープ (HMS Antelope, H36) 、アーデント (HMS Ardent, H41) と共に配備に就き、ポートランド島を拠点とする。9月9日にはアーデント、エコー (HMS Echo, H23) と共に空母カレイジャス (HMS Courageous, 50) の護衛に就き、対潜作戦に参加する。その後9月14日にプリマスに帰還し、カナダ海軍への移管の準備を始めた。

1939年9月28日、ケンペンフェルトはニューヘイブン沖でイギリス商船へスター (SS Hester) と衝突した。事故後はデヴォンポート海軍基地で11月17日まで修理が行われた。

カナダ海軍への移管は10月に承認され、10月19日に正式に移管された。

カナダ海軍で[編集]

カナダ海軍ではアシニボイン (HMCS Assiniboine, I18) の艦名で就役し、その経歴の大半を大西洋を渡る輸送船団の護衛として過ごした。

アシニボインは戦争を乗り切ったが、終戦までに旧式艦としてスクラップのため売却された。業者への曳航途中、浅瀬で座礁する。離礁の試みは失敗し、結局1952年まで錆びて朽ち果てるままその場に放棄された。

外部リンク[編集]