ケベック党

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ケベック党フランス語: Parti Québécois)は、カナダケベック州政党。ケベック州の分離独立を目指している。現在の党首は、ポリーヌ・マロワ

歴史[編集]

1968年10月にルネ・レベックらによって設立された。政権を担当していた1977年にフランス語憲章を定めた[1]

1980年に分離独立の是非を問う住民投票を行ったが賛成40.4%、反対59.6%で否決された。さらに1995年にも再度、住民投票を実施したが、賛成49.4%、反対50.6%で否決された[2][3]

2001年、ルシエン・ブシャールが辞任、ベルナール・ランドリーが党首となった。2003年の選挙でケベック自由党に敗れて政権を失った[4]

2005年アンドレ・ボワクレールが党首となったが、2007年3月26日の選挙で第3党に転落すると、5月に辞任を表明[5]、6月にポリーヌ・マロワが党首に就任した。

2008年12月8日の選挙では、51議席を獲得し、野党第1党に復帰した[6]

2012年9月4日に行われた州議会選挙では、125議席中54議席を獲得し、9年ぶりに第1党となり、マロワ党首はケベック州史上初の女性首相に就任することとなった[4][2]

2014年4月7日の州議会選挙では125議席中30議席となり、70議席を獲得した自由党に大敗し、政権与党の座から退いた[7]。大敗の責任を取りマロワは6月を持って党首を辞任することを発表した[8]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ケベックの歴史とフランス語憲章”. ボンジュール・ケベック. 2013年3月30日閲覧。
  2. ^ a b 加ケベック議会選は独立派勝利、党首演説中の発砲事件で1人死亡”. ロイター (2012年9月5日). 2013年3月30日閲覧。
  3. ^ ケベック政治の移り変わりと社会変革”. ボンジュール・ケベック. 2013年3月30日閲覧。
  4. ^ a b 総選挙:ケベック党、新政権を奪取”. ケベック州政府公式サイト (2012年9月5日). 2013年3月30日閲覧。
  5. ^ Christopher Mason (2007年5月8日). “Quebec Separatist Leader Resigns”. ニューヨーク・タイムズ. 2013年3月30日閲覧。
  6. ^ 高橋幸二 (2008年12月11日). “ケベック州議会選挙:自由党過半数、ケベック党は健闘”. JanJanニュース. 2013年3月30日閲覧。
  7. ^ ケベック総選挙で自由党が過半数獲得、ケベック党政権敗北(日加タイムス、2014年4月8日)
  8. ^ [1]

関連項目[編集]