ケベック・ウィンター・カーニバル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
1896年当時のカーニバル

ケベック・ウィンター・カーニバル(仏語:Carnaval de Québec、英語:Québec Winter Carnival)は、毎年1月から2月にかけて、カナダケベック・シティーで、17日間の日程で行われる雪祭りである。世界最大規模の冬の祭といわれる[1]

概要[編集]

マスコットのボノム
氷の城

元々は1894年に始まったもので、途中、2度の世界大戦世界恐慌で中断されながらも続けられてきた。1955年に、ケベック市民の手で従来のカーニバルに手が加えられ、現在の形となった。またこの時、マスコットであるボノムが誕生した。有名なリオデジャネイロのカーニバル、ニューオーリンズマルディグラに次ぐ、世界第3位のカーニバルともいわれる[1]

雪のため、開催前に備品が壊れたり、期間中にも、悪天候のため様々なハプニングがあったりしながらも、現在に至るまで続けられている。マスコットのボノムは、他の国のカーニバルを訪問したり、アイスホッケーの試合の始球式(フェイスオフ)にゲストとして登場したりもしている。

マイナス30度の寒さの中、世界から50近いチームが集まって、それぞれが「自由」をテーマに雪像を製作するのを始め、下記のようななイベントが毎年準備されている。

また、氷の遊園地や氷のといったアトラクションもある。トナカイバファローの肉の串焼きスープが供されたり、メープルシロップの即売が行われたりもする。かつてはバレル・ジャンピング(樽をいくつも並べて、その上を飛び越える)もあり、かなりの観客を集めていた。[1][2][3]

アトラクションではないが、祭の時期、ケベックシティーの近郊にアイスホテルが出来るため、祭見物の傍ら、そこを利用する観光客もいる。このホテルにはバー礼拝堂があり、礼拝堂では結婚式も挙げられる。[4][5][6]

脚注[編集]

  1. ^ a b c Carnaval de québec
  2. ^ JITA tourism assistance
  3. ^ 世界のカーニバル
  4. ^ |ココ☆モントリオール/Coco☆Montréal
  5. ^ Ice Is Nice for a Winter Wedding, The New York Times, Susan Catto, December 19, 2004
  6. ^ 10 dream wedding locations, Irish Independent, Ian McCurrach , May 27, 2009

関連項目[編集]

外部リンク[編集]