ケニー・ファンヒュメル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ケニー・ファンヒュメル
Kenny van Hummel
Cycling (road) pictogram.svg
Kenny van Hummel.jpg
個人情報
本名 Kenny Robert van Hummel
ケニー・ロベルト・ファン・ヒュメル
生年月日 1982年9月30日(32歳)
国籍 オランダの旗 オランダ
身長 176cm
体重 64kg
チーム情報
所属 ヴァカンソレイユ・DCM
分野 ロードレース
役割 選手
特徴 スプリンター
プロ所属チーム
2006–2011
2012–
スキル・シマノ
ヴァカンソレイユ・DCM
主要レース勝利
ロンド・ファン・ドレンテ 2012
オランダ・フード・ヴァリー・クラシック 2009
ツール・ド・ピカルディ 第1ステージ 2010
ツール・ド・ベルギー 第2ステージ 2010
最終更新日
2012年1月31日

ケニー・ファンヒュメル(Kenny van Hummel、1982年9月30日- )は、オランダアルンヘム出身の自転車競技ロードレース)選手。

経歴[編集]

ジュニア、アマチュア時代はロードレースのみならず、トラックレースシクロクロスでも実績を挙げた。

2006年スキル・シマノと契約を結んでプロ転向。

2009年

2010年

  • ツール・ド・ピカルディ 区間1勝
  • ツール・ド・ベルギー ステージ1勝。
  • 10月のツアー・オブ・ハイナンで第4ステージから第7ステージまでステージ3連勝(第6ステージは中止)。第8ステージでもスプリントを制して1着入線したが、チームカーに引かせて集団復帰したとされペナルティにより降着された[1]。しかし翌第9ステージも制し、8ステージ中4ステージを勝つという大活躍を見せた。

2011年

2012年ヴァカンソレイユ・DCMに移籍。

  • ツール・ド・ピカルディ 区間1勝(第2)

「最悪のクライマー」としての人気[編集]

スプリンターである彼は、山岳ステージを大の苦手としており、2009年にツール・ド・フランスに初出場すると、第2ステージ最初の3級山岳[2]にて、最初に集団から離され、山に対する弱さが浮き彫りになった。しかし山岳コースを苦手とするスプリンタータイプの選手が何人かリタイアする中、ピレネーアルプスの両山岳ステージにおいて、収容車に追われながらも常に制限時間すれすれでゴールした。両方とも100km以上をグルペットにも入れず個人タイムトライアル状態でゴールするという体力的には非常に厳しい状態であった[3]。フランスのスポーツ紙・レキップから『史上最悪のクライマー』と皮肉混じりに取り上げられる一方で、僚友の別府史之ツイッターでファンヒュメルを「超人」と賞賛し[4]ランス・アームストロングもこれに賛同した[5]こうしてファンヒュメルは一躍、世界中の自転車ファンの注目の的となり、沿道のファンの声援も日増しに大きくなった。[要出典]

しかし、アルプス最終ラウンドとなる第17ステージ、約88km地点の下りで転倒しひざを負傷。病院へ運ばれリタイアとなってしまった。にもかかわらず、「(ぶっちぎりの)最下位であっても必ずゴールしてくれるはず」と期待していた大勢の沿道のファンたちが口をそろえて、「ケニーはどうした?」と叫んだという[6]

脚注[編集]

  1. ^ 苦渋のファンヒュメル ペナルティによりステージ4連勝は幻に
  2. ^ 山岳賞#各カテゴリーの目安を参照
  3. ^ 自転車レースでは一人で走るより、二人以上で先頭交代しながら走った方が空気抵抗が軽減され、体力を温存できる。
  4. ^ 別府史之のツイート
  5. ^ ランス・アームストロングのツイート
  6. ^ 日刊スポーツ2009年7月23日付記事

外部リンク[編集]