グリーゼ370

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
グリーゼ370
HD 85512.jpg
グリーゼ370
提供: ESO, Digitized Sky Survey英語版 2
データ
元期 2000      Equinox 2000
星座 ほ座
赤経 09h 51m 07.1s
赤緯 −43° 30′ 10″
視等級 (V) 7.66
特徴
スペクトル分類 K5 V
U-B 色指数 1.12
B-V 色指数 1.18
V-R 色指数 0.71
R-I 色指数 0.62
変光星 None
アストロメトリー
視線速度 (Rv) -9.6 km/s
固有運動 (μ) 赤経: 461.28 ミリ秒/
赤緯: −472.87 ミリ秒/
年周視差 (π) 89.75 ± 0.82 ミリ秒
距離 36.3 ± 0.3 光年
(11.1 ± 0.1 パーセク)
絶対等級 (MV) 7.43
詳細
質量 0.69 M
半径 0.533 ±0.04[note 1] R
表面重力 (log g) 4.39 ± 0.28
光度 (放射) 0.126 ± 0.008 L
表面温度 4715 ± 102 K
金属量 44–50%
自転周期 47.13 ± 6.98
自転速度 (v sin i) <3 km/
年齢 5.61 ± 0.61 × 109
他の名称
CD-42 5678, GJ 370, HD 85512, HIP 48331, LHS 2201, NStars英語版 0951-4330, YPC 2340

グリーゼ370: Gliese 370)は、地球から約36光年の距離に存在するスペクトル分類K5Vの主系列星である。天球上ではほ座の方角に位置する。グリーゼ370という名称は、地球から20パーセク以内に位置する恒星を収録したグリーゼ近傍恒星カタログでの番号であり、この他にもHD 85512といった名称で知られている。この恒星はそのハビタブルゾーン付近にスーパー・アース太陽系外惑星)を持つことが知られている。

惑星系[編集]

グリーゼ370bの軌道と恒星のハビタブルゾーン

2011年8月19日、高精度視線速度系外惑星探査装置 (HARPS) がこの恒星のハビタブルゾーンの"ちょうど内側"に地球の3.6倍の質量を持つ惑星グリーゼ370b (HD 85512 b) を発見した[1] この惑星はハビタブルゾーン内には位置していないが、もしこの惑星の表面の50%以上がに覆われていれば、液体が存在可能な温度を維持することができると考えられている。グリーゼ370bは、2007年に発見されたグリーゼ581dとともに、生命が存在する環境の候補として考えられている[2]

グリーゼ370の惑星
名称
(恒星に近い順)
質量 軌道長半径
天文単位
公転周期
()
軌道離心率 半径
b 3.6 M 0.26 ± 0.005 58.43 ± 0.13 0.11 ± 0.1

脚注[編集]

  1. ^ From R = \sqrt \frac{L} {4 \pi \sigma T_{\rm eff} ^4}, where R is the radius, L is the luminosity, T_{\rm eff} is the effective surface temperature and \sigma is the Stefan–Boltzmann constant.

参考文献[編集]

  1. ^ Pepe, F.; et al. (2011). The HARPS search for Earth-like planets in the habitable zone: I – Very low-mass planets around HD20794, HD85512 and HD192310. arXiv:1108.3447. Bibcode 2011yCat..35349058P. doi:10.1051/0004-6361/201117055. 
  2. ^ L. Kaltenegger, S. Udry, F. Pepe (2011年). “A Habitable Planet around HD 85512?”. arXiv:1108.3561v1. 

外部リンク[編集]

座標: 星図 09h 51m 07.1s, -43º 30' 10''