クリスティアン・ツィマーマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クリスティアン・ツィマーマン

クリスティアン・ツィマーマンKrystian Zimerman1956年12月5日 - )は、ポーランドピアニスト。日本では、クリスチャン・ジメルマン、ツィメルマン、チメルマン、ツィンマーマン等と表記されることもある。現在、世界のクラシック音楽界で最も高い評価を受けているピアニストの一人である。

人物[編集]

1956年12月5日、ポーランド南部のザブジェに生まれる。父親はピアニストで、工場の設計部門に勤める傍らバーでピアノを弾くという生活をしていた。ツィマーマンは幼少期、家に置かれていたグランドピアノの蓋を開けて毛布をかぶせ、インディアンのテント遊びをしていたと語っている。

5歳の頃父からピアノを学び、7歳からアンジェイ・ヤシンスキ(Andrzej Jasinki)に師事した。1973年ベートーヴェン国際音楽コンクールで優勝後、1975年の第9回ショパン国際ピアノコンクールに史上最年少(18歳)で優勝、その後も着実にキャリアを重ね、現在に至っている。

学生当時はポーランドでの物資調達が困難で、ピアノ部品の製作・修理を自分で一から手作業で行わなければならなかった。これにより、ツィマーマンのピアノの構造、素材に対する知識が培われた。スイスバーゼルにある自宅には、自身が製作したピアノやその鍵盤アクションが何台も置かれているという。

1981年12月31日、当時のポーランド首相ヴォイチェフ・ヤルゼルスキ戒厳令を発したのを契機としてポーランドを離れ、スイスに住むことを決意したと言われている。1996年にはスイスのバーゼル音楽院の教職に就き、後進の指導にもあたっている。

1999年、ショパン没後150年を記念して、ポーランド人の若手音楽家をオーディションで集め、ポーランド祝祭管弦楽団を設立し、ショパンのピアノ協奏曲公演をポーランドやアメリカ等で行った。

ショパンベートーヴェンブラームスドビュッシーラヴェルシューベルトラフマニノフ等、幅広いレパートリーを有している。また、ヘルベルト・フォン・カラヤンレナード・バーンスタインカルロ・マリア・ジュリーニ小沢征爾ピエール・ブーレーズサイモン・ラトル等、世界の名指揮者と共演を重ねている。

ツィマーマンは楽器を自分のコントロール下におくことを徹底しており、公演ではプログラムで演奏する具体的なレパートリーに合わせて自己の所有するピアノを入念に調整し、それを世界中のホールに運搬し持ち込んで演奏することで知られている。更に、公演にはピアノ調律師と同行し、共同でピアノを各会場のホールの特性に合わせて調律するなど、音の響きのコントロールに対し比類のない情熱を傾けている。レコーディング技術音響学に対する造詣も深く、自身でスタジオを建設したこともある。また演奏に対する完璧な姿勢から、リサイタルで弾くまでには10年もの年月をかけて曲を準備するという。

初来日は1978年で、それから1982年、1985年、1987年、1991年、1993年、1997年、2003年、2006年、2007年と来日し、合計100回を越えるリサイタルを重ね、日本の聴衆を魅了し続けている。日本での人気は年々高まっており、例えば2003年来日時のサントリーホールでのチケットは即日完売であったとされる。

2005年、フランスレジオン・ドヌール勲章(シュバリエ章)を受章した。

2001年の9月11日より少しあと、カーネギー・ホールでリサイタルを開くために運んできた入念に調整されたピアノを、ニューヨークのJFK国際空港でアメリカの運輸保安庁によって没収され、破壊処分される事件があった。当局によれば、ピアノに使われている糊から爆発物のような臭いがしたという。 2009年4月26日、ツィマーマンはロスアンゼルスのウォルト・ディズニー・コンサートホールにおいて、アメリカのポーランドにおける東欧ミサイル防衛構想に抗議して、これ以降はアメリカでの演奏は行わないと誓った。彼は2006年にもジョージ・W・ブッシュが退任するまでアメリカには戻って来ないと声明を出したことがある。

2010年のコンサートを終えてから一年間はコンサートを開かず、充電期間に徹することが発表された。

2013年指の怪我のため、同年末の来日リサイタルを2014年に延期。

また、あるとき東京の広い通りを渡っている際、十分な時間がないままに赤信号になってしまい、またそれを知っている人たちが赤信号でまだ車が通っている時点で渡っているのを見て、重大事故につながりかねないとの考えから、「もっと青信号の時間を長くすべきだ」と区役所に手紙を書いたという。彼曰く、「市民権もなければ音楽家であるあなたには関係ないだろう、と仰る方もいるかもしれませんが、何か重要なことを目の当たりにしながら何も行動を起こさないというのは本当に愚かなことだと思います。自分の国であるか、否かは関係ありません。」とのこと。最近は東京で長い時間を過ごしているという[1]。なお、ツィマーマンは2007年に交通事故で足を負傷している。

脚注[編集]

  1. ^ 音楽の友 2011年2月号

外部リンク[編集]