クリスチャン・ポヴェダ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Christian Poveda
クリスチャン・ポヴェダ
生年月日 1955年12月1日
没年月日 2009年9月2日(満53歳没)
出生地 フランスの旗 フランス領アルジェリア
死没地 エルサルバドルの旗 エルサルバドル サンサルバドル県トナカテペケ
国籍 フランスの旗 フランス
民族 スペイン人
職業 報道写真家撮影監督映画監督
ジャンル 報道写真ドキュメンタリー映画
公式サイト http://www.lafemme-endormie.com/vidaloca/
主な作品
狂った人生

クリスチャン・ポヴェダChristian Poveda, 1955年12月1日 - 2009年9月2日)は、フランス報道写真家撮影監督映画監督である。

人物・来歴[編集]

1955年(昭和30年)12月1日アルジェリアで、スペイン人の両親のもとに生まれる。

1961年(昭和36年)2月、5歳のときに家族でフランスに移住した。

1980年代、内戦中のエルサルバドルを報道写真家として初訪問して取材した[1]

1999年(平成11年)、フランスのアルテイギリスBBCが共同製作したテレビシリーズ『極右への旅』の監督を務めた。

2004年(平成16年)、女優で映画監督のマリア・デ・メデイロスが監督した短篇映画『朝のマチルド』の撮影監督を務めた。

2008年(平成20年)、エルサルバドルで、マラ・サルバトルチャ(マラ18)等、ローカルのギャングの生活を描いたドキュメンタリー映画狂った人生』を完成、同年9月20日にはスペインサン・セバスティアン国際映画祭、10月4日にはメキシコモレリア国際映画祭、翌2009年(平成21年)2月6日には、ドイツベルリン国際映画祭のヨーロピアン・フィルム・マーケットで上映された。

エルサルバドルに滞在中の同年9月2日、同国の首都サンサルバドルの約16キロ北東の町サンサルバドル県トナカテペケで顔面に4発の銃弾を受けて[1] 暗殺され、死去した[2][3]。満53歳没。サンサルバドル市内のエルサルバドル国立人類学博物館(MUNA)では、「暴力に立ち向かったクリスチャン・ポヴェダに敬意を」(スペイン語: Homenaje a Christian Poveda contra la violencia)という横断幕が張られ、追悼された[4]

遺作となった『狂った人生』は、フランスでは同年9月30日に公開された。

フィルモグラフィ[編集]

関連事項[編集]

[編集]

外部リンク[編集]