クランスカ・クロバサ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

クランスカ・クロバサ(kranjska klobasa)は、スロヴェニアを代表する伝統的な肉料理である。ドイツ語ではクライナー・ヴルスト(Krainer Wurst)、オーストラリア英語ではクランスキー・ソーセージ(kransky sausage)としても知られている。北アメリカでキールバーサ(kielbasa)またはポーランド風ソーセージ(polish sausage)の名で親しまれているものに近い。

名称[編集]

クロバサ(klobasa)は、スロヴェニア全域で一般的に供される小さめのソーセージを指す。サラミ(salama)とは異なる。

クランスカ(Kranjska)とは、カルニオーラ(Carniola)という歴史的地域名に由来している。ドイツ語ではクライン(Krain)。オーストリア・ハンガリー帝国における1つの地域名であり、この地域はだいたい現在のスロヴェニア共和国の領域と重なる。

歴史[編集]

クランスカ・クロバサについての最古の記述は、ドイツ語圏では1896年に出されたカタリナ・プラト(Katarina Prato)の料理本『南ドイツの料理』(Süddeutsche Küche)の改訂版に見られる。スロヴェニアにおいては1912年のフェリツィタ・カリンシェク(Felicita Kalinšek)による『スロヴェニア料理』(Slovenska Kuharica)の6番目の改訂版で初めてクランスカ・クロバサという用語が登場する。

具材[編集]

スロヴェニアにおいては、『肉加工食品の品質に関する法律』(Pravilnik o kakovosti mesnih izdelkov)の中で、クランスカ・クロバサについては次のように厳密に規定されている。

豚肉を最低68%以上、牛肉を最低12%以上使用し、脂身は20%以下でなければならない。添加物として認められているのは、食塩ニンニクコショウが5%以内である。その他の添加物は加えてはならない。肉は10~13mm、脂身は8~10mmの大きさに挽いておく。豚のに直径32~36mmになるように具材を詰める。長さは12~16cm、重さは180~220gになるようにし、70℃以下の温度で燻製にする。

この条件を満たしていないものは、スーパーマーケット精肉店の店頭でクランスカ・クロバサという名称を使って販売することは出来ない。

その他[編集]

Käsekrainer

クランスカ・クロバサのバリエーションとしては、オーストラリアに渡ったスロヴェニア系移民によって一般的になった、チーズ入りのソーセージ(Käsekrainer)などがあるが、スロヴェニア国内におけるクランスカ・クロバサとは少し異なる。

外部リンク[編集]