クライスラー・ホライズン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クライスラー・ホライゾン
Talbothorizon.jpg
Chrysler Horizon on dockside.jpg
乗車定員 5人
ボディタイプ 5ドア・ハッチバック
エンジン 直列4気筒・ガソリン1300/1500cc/1600cc
ディーゼル1900cc
変速機 4・5速MT/3速AT
駆動方式 FF
サスペンション 前:独立・ダブルウィッシュボーン・トーションバー
後:独立・トレーリングアーム・コイル
全長 3960mm
全幅 1680mm
全高 14100mm
ホイールベース 2520mm
車両重量 1025kg
先代 シムカ・1100
後継 プジョー・309
-自動車のスペック表-

クライスラー・ホライズンクライスラーイギリス子会社の「クライスラーUK」(旧ルーツ・グループ)とフランス子会社のシムカにおいて1977年から1986年まで販売された小型乗用車である。クライスラーの世界戦略車として開発され、アメリカで1978年モデルイヤーから発売されたサブコンパクトカーであるダッジ・オムニ・プリマス・ホライズンと共に開発されたが、エンジン等が異なり部品の互換性は高くない。

クライスラー欧州部門は1978年にPSA・プジョーシトロエン (PSA)の一部となり、翌1979年以降は「タルボット・ホライズン」に改名された。なお、フランスでは1979年までは「シムカ・オリゾン」、それ以後も英仏語の発音の違いから「タルボ・オリゾン」と呼ばれた。

概要[編集]

開発はシムカ側で行われ、プロジェクトC2というコードネームが与えられていた。機構的には既に1975年に登場していた1307/1308の縮小版であったが、デザインは1974年に発表されて小型大衆車のベンチマークとなっていたフォルクスワーゲン・ゴルフⅠの強い影響を受けていた。またトレッドは当時の全長4m以下の大衆車としては異例に広く、この結果全幅は1680mmと、上級の1307/1308の1676mmよりも逆に大きくなった。これはプロジェクトC2が単に1100の後継車であるのみならず、小型車開発に出遅れて苦境に立った米国部門の切り札として開発されることになった結果であった。

エンジンは1100から受け継いだ水冷直列4気筒1118cc/1294ccと、1307/1308と共通の1442ccであった。なお、米国生産のダッジ・オムニ・プリマス・ホライズンのエンジンは、アメリカで現地生産されたフォルクスワーゲン・ラビット(ゴルフⅠの米国輸出名)と同じ4気筒SOHC1700ccで、欧州版とは全く異なるものであった。 [1] VWゴルフに代表される当時の流行を取り入れたスタイル、良好な居住性と乗り心地、そしてクライスラー初の「ワールドカー」であるという時代的な意義が評価されて、ホライズン/オリゾンは1979年のヨーロッパ・カー・オブ・ザ・イヤー(COTY)を、1976年の1307/1308に続いて獲得した。[2]

生産は主にシムカポワジー工場で行われ、「クライスラーUK」(旧ルーツ・グループ)販売分も当初はフランスからの輸入であった。英国のライトン工場で生産されるようになったのは1982年になってからであった。また、スペインのクライスラー子会社・バレイロス社、フィンランドの「Saab-Valmet」社でも生産された。フィンランド製には内装などにサーブの部品が流用された。また、その内2,385台はケロシンテレピン油を燃料とする仕様であった。

モデルの変遷[編集]

登場翌年の1978年にクライスラー欧州部門がPSA・プジョーシトロエン (PSA)の傘下に入ったため、翌1979年以降は「タルボット・ホライズン」・「タルボ・オリゾン」と改称され、フロントグリル中央のエンブレムが新しくなった。

1981年には小変更を受けて「シリーズⅡ」に発展した。しかしこの時点ではホライズン/オリゾンの競争力は目立って低下しつつあった。フォルクスワーゲン・ゴルフはⅡにモデルチェンジを済ませ、英国内でもヴォクスホール・アストラフォード・エスコートが横置き前輪駆動のハッチバックに生まれ変わっており、旧式な設計のOHVエンジン、後には改良されたがボディの発錆も欠点として指摘されていた。また、「ホットハッチ」という新たなジャンルを構築したゴルフGTIや、それに倣ったアストラGSiやエスコートXR2のようなスポーツモデルも用意されず、市場での存在感も低下していた。[3]

1984年型からはPSA・プジョーシトロエン傘下入りの成果としてプジョー製5速ギアボックスが1100cc以外に標準化された。同時にバンパーが黒塗りとなり、荷室容量を増やすためリアシェルフの位置が嵩上げされ、その結果リアウィンドウの天地が縮小された。上級車にはLED表示の「エコノメーター」兼用のタコメーターが装備された。また、プジョー製XUD9型1905ccディーゼルエンジン搭載車も追加されたが、ディーゼル車は全てスペイン製であった。翌1985年にも内外装の小変更を受けたが、英国では同時に車種やカラーバリエーションが減らされ、1294ccのLXと1442ccのGLXの二種類となり、後期型の英国製ホライズンの多くは、余り魅力的ではないペールグリーンやクリーム色に塗られた。生産中止直前には1118cc4速ギアボックスのLEと1294ccのGLEが限定車として投入された。

ホライズン/オリゾンの生産は英仏では1985年夏に[4]スペインフィンランドでは1987年に打ち切られ、後継車はプジョーブランドの309となった。[5]累計生産台数は842,078台であった。

バリエーション[編集]

  • ガソリン1118cc58馬力:「GL」「GLE」
  • ガソリン1294cc67馬力:「GL」「LS」「LX」「GLX」
  • ガソリン1442cc83馬力:「LS」「GLS」「SX」「SXオートマチック」
  • ディーゼル1905cc:「LD」「LDオートマチック」(1983年追加)

「GLS」にはカットパイルカーペットやデジタル時計が装備され、1978年時点としては装備が充実していた。「SX」は1979年に追加され、当時の欧州車では珍しい、ただしあまり正確ではないトリップコンピュータが装備されていた。1982年にはフランス版に1442ccながら65馬力の低燃費型「EX」が追加され、廉価版の「LS」以外の排気量は1442ccに統一された。1983年には1592cc90馬力・最高速度170km/hの最高性能版「プレミアム」が追加され、パワーステアリングも標準装備されたが、こちらもフランスでのみ生産された。

この他、「プルマン」「ウルトラ」「シルバーフォックス」「サマータイム・スペシャル」などの限定モデルも生産された。

参考文献[編集]

注釈[編集]

  1. ^ アメリカ製はサスペンションもトーションバーではなくマクファーソン・ストラットで、一見よく似ている車体パネルも互換性が無かった。
  2. ^ 両車とも基本構成は1967年登場のシムカ・1100を踏襲しているのであるから、いかに1100が進んでいたかがわかる。しかし1100のデビューした1967年には斬新なスタイリングとロータリーエンジン搭載を持つNSU・Ro80が登場して話題を独占したため、1100はCOTYを受賞出来なかった。
  3. ^ これに対し、1984年には英国側でターボモデルが試作されたが生産化されなかった。クリーム色のレザー張りの内装やエアロパーツを持つ試作車はコヴェントリー交通博物館に保存されている。
  4. ^ 在庫車の販売は1986年まで続いた。
  5. ^ 当初は「タルボット・アリゾナ」として英国で開発されたが、結局タルボット/タルボブランド自体が消滅することになった。また、1992年までの309初期モデルの廉価版にはシムカ系の1118cc/1294ccエンジンが用いられていた。