クサンティ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クサンティ
ギリシャの旗
Ξάνθη
Το ρολόϊ.jpg
時計塔
位置
の位置図
座標 : 北緯41度08分 東経24度53分 / 北緯41.133度 東経24.883度 / 41.133; 24.883
行政
ギリシャの旗 ギリシャ
 地方 東マケドニア・トラキア
  クサンティ県
クサンティ
ギリシャの旗
Ξάνθη
地理
面積  
  域 153km2
標高 80m
人口
人口 (2001年現在)
  域 52,270人
    人口密度   341人/km2
その他
等時帯 EETUTC+2
夏時間 EEST (UTC+3
公式ウェブサイト : [1]

クサンティ(またはクサンシ)(ギリシャ語:Ξάνθη/Xánthi、トルコ語: イスケチェ İskeçeブルガリア語: クサンチ Ксанти/KsantiまたはСкеча/Skecha)は、北部ギリシャの都市で、東マケドニア・トラキア地方の県であるクサンティ県の県都でもある。

歴史[編集]

成立[編集]

クサンティまたは、クサンテイアの歴史は、紀元前879年に遡る。クサンティは、小規模の集落として成立し、トラキア地方の侵略や災害、民族抗争、内乱といった動乱の時代を経た。オスマン帝国時代となるまでに、クサンティの人口はほとんど無くなり、ほぼ全てが破壊されていた。そして、オスマン帝国時代に、小アジアの奥地から入植した。こうして、ゲニセア(Γενισέα)は建設されたが、一方でオライオ(Ωραίο)とクサンティは、主にギリシャ人キリスト教との中心地のままであった。

ゲニセア時代[編集]

1715年までは、クサンティはゲニセアと同様に、タバコの質の高さで有名であった。ヨーロッパへのタバコの商売によって、クサンティは繁栄した。1829年の3月と4月に起こった2度の地震で、クサンティは壊滅した。クサンティの町の再建はすぐに行われた。1870年には、ゲニセアの町が焼け落ち、代理店やサービス業がクサンティに移転した。そのために、クサンティの人口は約10,000人に増加した。1891年には、町の近くに鉄道が建設され、経済は飛躍的に成長し、学校や会社が建設された。

バルカン戦争[編集]

1912年には、ブルガリアがクサンティを攻略した。しかし、8か月後には、ギリシャがクサンティを攻略した。その後の条約で、クサンティを含む西トラキア地方ブルガリアに割譲された。そして、ブルガリアの西トラキア地方の支配は第一次世界大戦後まで続いた。戦後、ブルガリアの敗北を受けて、西トラキア地方は、1919年から1920年までギリシャの一部となった。

現代[編集]

現在のクサンティは近代的な都市であり、歴史と伝統、習慣の豊かさは多くの訪問客の惹きつける。2月と5月のどちらかに開催される祭り(Καρναβάλι)と、9月の初めに開催される旧市街祭り(Γιορτές Παλιάς Πόλης)、そして毎週土曜に開かれるクサンティ・バザール(Παζάρι)は、見る価値がある。クサンティは、「千の色の町」として知られているのである。

教育[編集]

プロ・スポーツ[編集]

著名な出身者[編集]

姉妹都市[編集]

外部リンク[編集]