ククリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Example.of.complex.text.rendering.svg この項目にはインド系文字が含まれています。環境によっては、フォントをインストールしていても、母音記号の位置が乱れたり結合文字が分かれたりします詳細
ククリを腰から佩げている、シンガポール警察部隊所属のグルカ

ククリネパール語: खुकुरी - Khukurī : Kukri)は、ネパールグルカ族をはじめとする諸種族、およびインドで使用される短刀クックリ刀ククリナイフ(刀)とも。

また、「セポイの乱において、グルカ王朝(現在のネパール)の兵士が、ククリを携え凶猛な白兵戦を行ったことに注目したイギリスが、彼らを傭兵として雇った」という経緯から、英語圏ではグルカナイフGurkha knife)と呼ばれることがある。

概要[編集]

खुकुरी ククリ
鞘と刀身に装飾が施されたククリ

ククリは「湾刀」に分類される刀剣で、湾曲した刀身の短弧側に刃を持つ「内反り」と呼ばれる様式の刃物である。大きな特徴は「」の字型の刀身と、その付け根にある「チョー」と呼ばれる「ω」型の刻みである。

「チョー」はククリには必須とされ、女性器を模したとも、カーリー陰核とも、またシヴァ陰茎とも呼ばれることがある(それぞれに“自説こそ絶対”という主張者が存在しており決め手はない)。このチョーの形状にも様々なものがあり、“これでなくてはいけない”という絶対的な決まり事はない。

ククリそのものについても“マケドニア伝来の「コピス」(κοπίς) から発展した”など諸説あるものの決定打は存在しておらず、“広く知られた時期が第一次インド独立戦争(セポイの乱、1857年~1859年)頃”とされているのみであり、その由来や歴史に関しては謎が多い。

利用[編集]

農作業、家事狩猟が主たる用途ではあるが、“生活に根ざした汎用大型刃物”という性格上、戦闘行為に使用される場合もある。儀式、祭礼用としても重要な祭具として用いられ、生贄としてを捧げる際に用いられるククリには、刃渡りが1mを超す長大なものも存在する。

刀身の形状には、大きく分けて2つの系統が存在する。低地に住む部族の物は、曲がりが小さく細長く薄型(=軽量)で、比較的柔らかめの草木を刈るのに向いている。これに対し、高地に暮らす部族の物は、曲がりが大きく幅広で分厚く、斧に近い使い方が可能なように成形されている。もっとも、これらはあくまでも全体的な傾向に過ぎず、個体差も大きいため、明確には区別できない物も多い。

その他[編集]

ククリ、及びカルダとチャクマ

ククリの鞘には通常、小刀(カルダ)と火打板兼簡易研ぎ棒(チャクマ)の2本が収納されるが、これは必須ではない。過去にはもっと多くの種類があり、古いククリには鞘に10本以上の小刀類を収納しているものもある。

英語圏での俗説に、「グルカ族には『一度抜いたククリは血を吸わせてからでなければ納刀してはならない』という掟がある」というものがあるが、これは単に「外国人向けの脅し文句」(半ばジョークとしての)であり、実際にはそのような掟や風習は“グルカ族”と総称されるネパールの山岳民族の中には存在していない。

関連項目[編集]