クエンティン・ブライス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クウェンティン・アリス・ルイーズ・ブライス

デイム・クウェンティン・アリス・ルイーズ・ブライス英語: Dame Quentin Alice Louise Bryce1942年12月23日 - )は、オーストラリアの政治家、第25代オーストラリア総督

経歴[編集]

ブリズベンに生まれた。クイーンズランド大学卒業。政界に入る前には大学の非常勤講師をしており、その頃からフェミニズム運動に関与し始めた。労働党ボブ・ホーク政権下で1988年から1993年まで反性差別コミッショナー (Sex Discrimination Commissioner) を務め、その後は2003年7月29日から2008年7月29日までクイーンズランド州総督 (Governor) を務めた。

2008年にケビン・ラッド首相はブライスをマイケル・ジェフリー総督の後任に指名し、女王エリザベス2世の任命を経て同年9月5日に就任した。

2014年3月28日に任期満了に伴い総督を辞任した。辞任直前の3月25日、トニー・アボット首相は「総督はオーストラリア勲章ナイトあるいはデイムに叙せられる旨女王陛下の裁可を得た」と声明を発表し、ブライスはデイムの称号を受けることとなった。[1]

家族[編集]

夫のマイケル・ブライスは建築家でグラフィック・デザイナー。3人の息子と2人の娘、6人の孫がいる。

脚注[編集]

公職
先代:
マイケル・ジェフリー
オーストラリアの旗 オーストラリア総督
第25代:2008年 - 2014年
次代:
ピーター・コスグローブ
先代:
ピーター・アーニソン
Flag of Queensland.svg クイーンズランド州総督
第24代:2003年 - 2008年
次代:
ペネロープ・ウェンズリー