キヤノンEFマウント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
EFマウント

キヤノンEFマウント(キャノン イーエフ マウント)は、キヤノン一眼レフカメラEOSシステムの根幹を成すレンズマウントである[1][2]。「EFマウント」とも呼称する。

概要[編集]

1987年3月に発売されたEOS 650以降、キヤノンのレンズ交換式オートフォーカス一眼レフカメラに採用されているレンズマウント[3] 。EFは Electro-Focusを意味する。

従前のキヤノンFDマウントスピゴット式であったが、「EFマウント」で バヨネット式を採用した。マウントの内径は54mm、フランジバックは44mmとなっている。機械寸法の点でも、情報伝達機構の点でも「FDマウント」との互換性はない。移行期にはキヤノンからFDコンバーターと称してレンズマウントコンバーターが市販されていたが、利用できるレンズは望遠系の一部であり露出制御はマニュアルか実絞り優先AEに限定された。

発表された1987年の時点においてφ54mmというマウント径は35mm一眼レフカメラ用として最大であり、より"明るい"レンズを設計することが可能となった。当時の他の標準的なレンズマウントと異なっていたのは、オートフォーカス駆動用や絞り制御用モーターのレンズ内蔵を前提にしたことである。そのためレンズとカメラボディ間にレバーやプランジャーのような機械的な機構を用いた結合が必要なく、レンズの制御に必要な電源と情報は全て電気接点を介して伝達される。これによってマウントの仕組みを単純で耐久性の高いものにする一方、駆動されるレンズの特性に合わせて設計されたモーターを駆動部分の近くに配置することでオートフォーカスの高速化に有利な展開をすることが可能となった。すべてのレンズにモーターを内蔵する必要から高コスト化が心配されたが杞憂に終わった。

その後EFマウント用レンズは発展し、現行で約60種、累計で約140種となっている。

EFマウントレンズ[編集]

Lシリーズ[編集]

EF135mm F2L USM と
EF24-70mm F2.8L USM

Lシリーズの「L」は、"Luxury"(贅沢な)を意味し、「プロの品質と呼ぶに相応しい、画期的な描写性能と優れた操作性、耐環境性・堅牢性を備えたキヤノンEFレンズLシリーズ」と謳われている[4]

光学系には人工結晶の蛍石、研削非球面レンズUDレンズなどの特殊光学材料が採用されている。また主要部分にマグネシウム合金を採用するなど、ビルドクオリティも確保されている。高速なオートフォーカス駆動、フルタイムマニュアルフォーカスや手ぶれ補正機構、防塵防滴構造なども採用されているものが多く、そのぶん価格も高めに設定されている。

外観、デザインも差別化が図られている。Lシリーズの鏡筒にはレッドのライン(鉢巻き)が刻まれている。また白レンズとも呼ばれているように望遠域のレンズでは鏡胴がオフホワイトになっており、一見してそれとわかるような色になっている[5]。夏の炎天下でレンズを使用し急激な温度上昇に曝されることのあるプロの使用を考慮して採用された色[6]と説明されているが、キヤノンのブランド戦略とも言われている。

通常は同じ焦点距離のラインナップの中でも最も開放F値が明るいレンズをLレンズと位置付けている。例えば50mm単焦点であれば、現行のF1.2、F1.4、F1.8の3本中Lレンズであるのは最も明るいF1.2である。そのため口径が大きく重いモデルが多く、機動性とはトレードオフとなっている。

厳しい環境でも失敗の許されないプロや、画質を追求するハイアマチュア向けといえる。なおEOSシステム用交換レンズのみならず、コンパクトタイプデジタルカメラにもLレンズを採用したモデルがある。

キヤノンプロフェッショナルサービス(CPS)に入会する際に、国によっては最低でも何本かの現行Lレンズなどプロ用レンズとプロ用EOSボディを持っていることが条件になっている場合がある[7]

DOレンズ[編集]

DOレンズの「DO」は、"Diffractive Optics"の略で、回折レンズのことである。キヤノンでは回折光学素子と呼んでいる。光学ガラスを多く使わなくてはならず、従って重くなるレンズにはDOレンズが用いられている。同じ焦点距離、同じF値のレンズではDOレンズを採用しなかった場合と比較してレンズを小さく、軽くすることができる。加えてDOレンズは屈折レンズと組み合わせることで色収差を補正することができる。しかしDOレンズはコストが高くなる傾向にあり、採用したレンズはEF400mm F4 DO IS USMとEF70-300mm F4.5-5.6 DO IS USMの2本に限られている。 DOレンズを採用したレンズは鏡胴にグリーンのライン[8]が刻まれていることで識別できる。

EF-Sレンズ[編集]

EF-Sレンズ後端部

EF-Sレンズは、35mmフルサイズよりも小型なAPS-Cサイズイメージセンサに最適化するよう開発した「EF-Sレンズテクノロジー」を搭載したレンズである。EF-Sの「S」は、"Small-imagecircle"(スモールイメージサークル)の略である[9]

「EF-Sレンズテクノロジー」とは、EFレンズよりもバックフォーカスを短縮化した「ショートバックフォーカス」を採用し、イメージサークルの大きさをAPS-Cサイズセンサー専用とすることにより、広角ズーム化とコンパクト化を両立させた技術である。しかしショートバックフォーカスの採用により、レンズ後端部がカメラボディ内に入り込むため、クイックリターンミラーが従来のサイズのままでは干渉する。この干渉を回避するため、APS-Cサイズ用の小型クイックリターンミラーの搭載、レリーズ時のミラーアップに合わせてクイックリターンミラーを後方に退避させる「ミラースイングアップ機構」、ボディ側マウント内部接点台座内周部分を3mm低くした「EF-Sレンズ対応マウント構造」を採用している[10][11]

EF-Sレンズは「EF-Sレンズテクノロジー」を搭載したため、EF-Sレンズ対応カメラ[12]にのみ装着可能である。またEF-Sレンズ装着可能カメラは、EFレンズおよびEFレンズマウント互換レンズの装着も可能である。

また、35mmフルサイズ用の大きいクイックリターンミラーを搭載したカメラボディーや「ミラースイングアップ機構」を持たないEOS 10D以前のAPS-Cサイズ機に誤装着した際にレンズ後端部の干渉によりレンズやミラーを破損させないよう、レンズ・ボディ双方のマウント指標を専用の白色・四角にし、レンズ後方部にはラバーによるストッパーを設けることで、物理的に装着できないようにしている。また鏡筒にはシルバーのラインを施し、一般の標準レンズと区別している。

EF-Mレンズマウント[編集]

EF-Mレンズは、ミラーレスカメラであるEOS M用に開発したレンズである。 「キヤノンEFマウント」に対して後方互換を有し、「マウントアダプター EF-EOS M」を使用することにより「キヤノンEF-Mマウント」を採用したカメラに、「EFレンズ」(「EF-Mレンズ」と「CN-Eレンズ」を除く)の装着が可能になる。

EFシネマレンズ[編集]

EFシネマレンズは、デジタル映画カメラCINEMA EOS SYSTEM向けに開発された動画撮影用レンズ。CN-Eレンズとも表記される[13]

4096×2160(4K)に対応した高い光学性能をはじめ、フルマニュアル操作や他社製アクセサリーの装着など、映像制作業界のニーズに特化した設計となっている[14]。イメージサークルは製品によって異なり、ズームレンズはスーパー35mmサイズとAPS-Cサイズのセンサーのみ対応、単焦点レンズでは35mmフルサイズのセンサーにも対応する。

ズームレンズはEFマウント仕様の製品に加え、映像制作業界で普及しているPLマウント仕様の製品も用意される。[15]

EFマウント仕様のレンズはEOSシリーズの一眼レフカメラでも使用可能ではあるものの、オートフォーカスや自動絞りには対応しない[16]ほか、EOS Mには装着不可となっている。[13]

関連技術[編集]

EFマウント及びEF-Sマウントに対応したレンズに利用されている技術を記す。

超音波モータ[編集]

マイクロUSM搭載レンズの内唯一フルタイムマニュアルフォーカスが可能なEF50mm F1.4 USM

キヤノンはカメラ用超音波モータを初めて商品化したメーカーである。キヤノンでは超音波モータを略してUSM(Ultrasonic Motor)と呼ぶ。初めてUSMを採用したレンズは1987年に発売されたEF300mm F2.8L USMであった。USMを搭載したレンズは高速かつ静かに作動し、消費電力も少なくてすむ。現在キヤノンが採用しているUSMにはリングタイプUSMとマイクロUSMの2種類がある。リングUSMではフルタイムマニュアルフォーカスが使用できる。これはレンズをオートフォーカスモードからマニュアルフォーカスモードに切り替えることなくマニュアルでのピント調節ができる機構である。また、性能と効率の点でもリングタイプUSMが好まれる。それに対しマイクロUSMは安価なレンズに利用されている。マイクロUSMにフルタイムマニュアルフォーカス機構を組み込むことも可能だが、追加機構が必要であることから、実際にフルタイムマニュアルフォーカスを可能とした製品は2007年現在、EF50mm F1.4 USMの1本のみである。2002年には、さらに小型・軽量化したマイクロUSM IIがEF28-105mm F4-5.6 USMに搭載されている。USMを採用したレンズは、鏡胴に金色または銀色の帯がペイントされていることで識別できる。また付属のレンズキャップにも「ULTRASONIC」の文字が入る。

ステッピングモータ[編集]

EF 40mm f/2.8 STM パンケーキレンズ

ステッピングモータ (STM) レンズは EOS Kiss X6i と同時の2012年6月に発表された。 ステッピングモータを使うことで、静かでスムーズなオートフォーカスが実現できる。[17] ステッピングモータを採用しているレンズは、モデル名に「STM」が使用される。

手ぶれ補正機構[編集]

イメージスタビライザーユニットEF-Sレンズ

失敗写真の原因の一つ、手ぶれを和らげるためにキヤノンは手ぶれ補正機構としてイメージスタビライザー(略称:IS - Image Stabilizer)を開発した。これはジャイロセンサを用いて振動を検知し、レンズの一部を動かして振動を軽減する仕組みである。通常手ぶれのない写真を撮るためには目安として「1/焦点距離」秒以上のシャッター速度が必要とされている(例:焦点距離が50mmのレンズでは1/50秒以上)。ISを備えたレンズではシャッター速度に換算して2から5段分の補正効果がある。

初めてISを搭載したレンズは1995年発売のEF75-300mm F4-5.6 IS USMであったが、三脚に取り付けて使用するには向いていなかった。しかし1997年3月に発売されたEF300mm F4L IS USMではパン操作をするときカメラが大きく動くとその方向の手ぶれ補正を自動的に無効にするモードが搭載された。さらに1999年に発売されたレンズ群ではISユニットが三脚を検知できるようになった。

EF75-300mm F4-5.6 IS USMではISが作動するまでに約1秒かかり、補正効果がシャッター速度に換算して有効範囲が2段分しかなかったが、2001年9月発売のEF70-200mm F2.8L IS USMでは3段分と強化され、手ぶれ補正が働くまでの時間も0.5秒に短縮された。さらに2006年11月発売のEF70-200mm F4L IS USMでは4段分に、2008年4月発売のEF200mm F2L IS USMでは5段分になっている。これらの補正段数の増えた新しいユニットは過去に発売されたISレンズには移植されていない。

2007年9月に発売されたEF-S18-55mm F3.5-5.6 ISと同11月に発売されたEF-S55-250mm F4-5.6 ISでは、ばねコイルを用いた簡素な構造にすることにより、小型・軽量・低コスト化を実現している。

補正モード[編集]

モード1
すべての状況において補正が有効になるモード。すべてのISレンズに搭載されている。
モード2
1997年3月に発売されたEF300mm F4L IS USMから搭載されているモード。パン操作をするときカメラが大きく動くとその方向の手ぶれ補正を自動的に無効にする。
モード3
2011年8月に発売されたEF300mm F2.8L IS II USM、EF400mm F2.8L IS II USMに搭載されているモード。シャッターが半押し状態では手ぶれ補正を行わない。

EFレンズのリスト[編集]

ズームレンズ[編集]

キヤノン EF 35-70mm f/3.5–4.5 レンズ
焦点距離 F値 発売 USM IS Lシリーズ DO フィルターサイズ
8–15 mm
(魚眼レンズ)
f/4 2010 Yes No Yes No
16–35 mm I f/2.8 2001 Yes No Yes No 77mm
16–35 mm II f/2.8 2007 Yes No Yes No 82mm
16–35 mm IS f/4 2014 Yes Yes Yes No 77mm
17–35 mm f/2.8 1996 Yes No Yes No
17–40 mm f/4 2003 Yes No Yes No 77mm
20–35 mm f/2.8 1989 No No Yes No
20–35 mm f/3.5–4.5 1993 Yes No No No
22–55 mm f/4-5.6 1998 Yes No No No
24–70 mm f/2.8 2002 Yes No Yes No 77mm
24–70 mm II f/2.8 2012 Yes No Yes No 82mm
24–70 mm f/4.0 2012 Yes Yes Yes No 77mm
24–85 mm f/3.5-4.5 1996 Yes No No No 67mm
24–105 mm f/4 2005 Yes Yes Yes No 77mm
28–70 mm f/2.8 1993 Yes No Yes No
28–70 mm II f/3.5-4.5 1988 No No No No
28–80 mm f/2.8-4 1989 Yes No Yes No
28–80 mm f/3.5-5.6 1996 No No No No 58mm
28–80 mm II f/3.5-5.6 1999 No No No No 58mm
28–80 mm I f/3.5-5.6 1991 Yes No No No 58mm
28–80 mm II f/3.5-5.6 1993 Yes No No No 58mm
28–80 mm III f/3.5-5.6 1995 Yes No No No 58mm
28–80 mm IV f/3.5-5.6 1996 Yes No No No 58mm
28–80 mm V f/3.5-5.6 1999 Yes No No No 58mm
28–90 mm II f/4-5.6 2003 Yes No No No 58mm
28–90 mm III f/4-5.6 2004 No No No No 58mm
28–105 mm f/3.5-4.5 1992 Yes No No No 58mm
28–105 mm II f/3.5-4.5 2000 Yes No No No 58mm
28–105 mm f/4-5.6 2002 Yes No No No 58mm
28–135 mm f/3.5-5.6 1998 Yes Yes No No 72mm
28–200 mm f/3.5-5.6 2000 Yes No No No 72mm
28–200 mm f/3.5-5.6 2000 No No No No 72mm
28–300 mm f/3.5-5.6 2004 Yes Yes Yes No 77mm
35–70 mm f/3.5-4.5 1987 No No No No
35–70 mm f/3.5-4.5A 1988 No No No No
35–80 mm III f/4-5.6 1995 No No No No 52mm
35–80 mm f/4-5.6 1992 Yes No No No 52mm
35–80 mm PZ f/4-5.6 1990 Yes No No No 52mm
35–105 mm f/3.5-4.5 1987 No No No No
35–105 mm f/4.5-5.6 1992 Yes No No No
35–135 mm f/3.5-4.5 1988 No No No No
35–135 mm f/4-5.6 1990 Yes No No No
35–350 mm f/3.5-5.6 1993 Yes No Yes No
38–76 mm f/4.5-5.6 1995 No No No No
50–200 mm f/3.5-4.5 1987 No No No No
50–200 mm f/3.5-4.5 1988 No No Yes No
55–200 mm II f/4.5-5.6 2003 Yes No No No 52mm
70–200 mm f/2.8 2001 Yes Yes Yes No 77mm
70–200 mm II f/2.8 2010 Yes Yes Yes No 77mm
70–200 mm f/2.8 1995 Yes No Yes No 77mm
70–200 mm f/4 2006 Yes Yes Yes No 67mm
70–200 mm f/4 1999 Yes No Yes No 67mm
70–210 mm f/3.5-4.5 1990 Yes No No No
70–210 mm f/4 1987 No No No No
70–300 mm f/4.5-5.6 2004 Yes Yes No Yes 58mm
70–300 mm f/4-5.6 2005 Yes Yes No No 58mm
70–300 mm f/4-5.6 2010 Yes Yes Yes No 58mm
75–300 mm f/4-5.6 1995 Yes Yes No No 58mm
75–300 mm II f/4-5.6 1991 Yes No No No 58mm
75–300 mm III f/4-5.6 1999 No No No No 58mm
80–200 mm f/2.8 1989 No No Yes No
80–200 mm f/4.5-5.6 1992 Yes No No No 52mm
80–200 mm II f/4.5-5.6 1990 No No No No 52mm
90–300 mm f/4.5-5.6 2003 No No No No 58mm
90–300 mm f/4.5-5.6 2002 Yes No No No 58mm
100–200 mm f/4.5A 1988 No No No No
100–300 mm f/4.5-5.6 1990 Yes No No No 58mm
100–300 mm f/5.6 1987 No No No No
100–300 mm f/5.6 1987 No No Yes No
100–400 mm f/4.5-5.6 1998 Yes Yes Yes No 77mm
200–400 mm f/4 2013 Yes Yes Yes No
EF レンズ (中央は EF-S レンズ)

単焦点レンズ[編集]

焦点距離 F値 発売 マクロ USM IS Lシリーズ DO フィルターサイズ
14 mm f/2.8 1991 No Yes No Yes No ゼラチンフィルター
14 mm II f/2.8 2007 No Yes No Yes No ゼラチンフィルター
15 mm
(魚眼レンズ)
f/2.8 1987 No No No No No ゼラチンフィルター
20 mm f/2.8 1992 No Yes No No No 72mm
24 mm f/1.4 1997 No Yes No Yes No 77mm
24 mm II f/1.4 2008 No Yes No Yes No 77mm
24 mm f/2.8 1988 No No No No No 58mm
24 mm IS f/2.8 2012 No Yes Yes No No 58mm
28 mm f/1.8 1995 No Yes No No No 58mm
28 mm f/2.8 1987 No No No No No 52mm
28 mm IS f/2.8 2012 No Yes Yes No No 52mm
35 mm f/1.4 1998 No Yes No Yes No 72mm
35 mm f/2 1990 No No No No No 52mm
35 mm IS f/2 2012 No Yes Yes No No 52mm
40 mm f/2.8 2012 No No No No No 52mm
50 mm f/1.0 1989 No Yes No Yes No
50 mm f/1.2 2006 No Yes No Yes No 72mm
50 mm f/1.4 1993 No Yes No No No 58mm
50 mm f/1.8 1987 No No No No No 52mm
50 mm II f/1.8 1990 No No No No No 52mm
50 mm f/2.5 1987 Yes No No No No 52mm
65 mm f/2.8 1999 Yes No No No No 58mm
85 mm f/1.2 1989 No Yes No Yes No 72mm
85 mm II f/1.2 2006 No Yes No Yes No 72mm
85 mm f/1.8 1992 No Yes No No No 58mm
100 mm f/2 1991 No Yes No No No 58mm
100 mm f/2.8 1990 Yes No No No No 58mm
100 mm f/2.8 2000 Yes Yes No No No 58mm
100 mm f/2.8 2009 Yes Yes Yes Yes No 58mm
135 mm f/2 1996 No Yes No Yes No 72mm
135 mm
(ソフトフォーカス)
f/2.8 1987 No No No No No 52mm
180 mm f/3.5 1996 Yes No No Yes No 72mm
200 mm f/1.8 1988 No Yes No Yes No
200 mm f/2.0 2008 No Yes Yes Yes No 52mm
200 mm f/2.8 1991 No Yes No Yes No 72mm
200 mm II f/2.8 1996 No Yes No Yes No 72mm
300 mm f/2.8 1987 No Yes No Yes No 48mm リア
300 mm IS f/2.8 1999 No Yes Yes Yes No 52mm リア
300 mm IS II f/2.8 2010 No Yes Yes Yes No 52mm リア
300 mm f/4 1991 No Yes No Yes No 77mm
300 mm IS f/4 1997 No Yes Yes Yes No 77mm
400 mm f/2.8 1991 No Yes No Yes No 48mm リア
400 mm II f/2.8 1996 No Yes No Yes No 48mm リア
400 mm IS f/2.8 1999 No Yes Yes Yes No 52mm リア
400 mm IS II f/2.8 2011 No Yes Yes Yes No 52mm リア
400 mm f/4 2001 No Yes Yes No Yes 52mm リア
400 mm f/5.6 1993 No Yes No Yes No 77mm
500 mm f/4.5 1992 No Yes No Yes No 48mm リア
500 mm IS f/4 1999 No Yes Yes Yes No 52mm リア
500 mm IS II f/4 2011 No Yes Yes Yes No 52mm リア
600 mm f/4 1988 No Yes Yes Yes No 48mm リア
600 mm IS f/4 1999 No Yes No Yes No 52mm リア
600 mm IS II f/4 2011 No Yes Yes Yes No 52mm リア
800 mm f/5.6 2008 No Yes Yes Yes No 52mm リア
1200 mm f/5.6 1993 No Yes No Yes No 48mm リア

その他[編集]

冒頭に記した通り、「EFマウント」はオートフォーカス一眼レフカメラ・EOSシステムのために開発されたものであるが、日本国外市場向けに EFマウントを採用したマニュアルフォーカス一眼レフカメラ Canon EF-M が1991年から販売されていた。[18]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ EFレンズテクノロジー「未来を見据えた先進の大口径完全電子マウント」に「EOSシステムの中枢を担うのが完全電子化されたEFマウント。]”. キヤノン. 2012年8月3日閲覧。
  2. ^ 豊田堅二 (2012年5月22日). “レンズマウント物語(第2話):キヤノンの苦悩「オートフォーカスとEFマウント」 - デジカメWatch”. Impress Watch Corporation. 2012年8月3日閲覧。
  3. ^ キヤノンカメラミュージアム|カメラ館 > フィルムカメラ (シリーズ別) > EOS650 / QD > 主要性能”. キヤノン. 2012年8月3日閲覧。
  4. ^ 「EF LENS WORK III The Eye of EOS」キヤノン株式会社
  5. ^ 現行のLシリーズのうちEF135mm F2L USM、EF200mm F2.8L USM、EF180mm F3.5L マクロ USM以外の、焦点距離に135mm以上の望遠域を含むレンズは白色の鏡筒を用いている
  6. ^ 「EF LENS L-SERIES」2007.8。
  7. ^ ヨーロッパ、オーストラリアでは3本、香港やシンガポールでは1本。
  8. ^ この帯はキヤノン製レンズで革新的なテクノロジーが採用していることを意味し、過去には1969年にキヤノン史上初めて蛍石レンズを用いたFL-Fレンズに用いられている。
  9. ^ キヤノン:一眼レフ用交換レンズ EF LENS | EF-Sレンズテクノロジー”. 2010年7月30日閲覧。
  10. ^ キヤノンカメラミュージアム|技術館 記述レポート2003年9月号”. キヤノン. 2010年7月30日閲覧。
  11. ^ キヤノンカメラミュージアム|技術館 記述レポート2004年1月号”. キヤノン. 2010年7月30日閲覧。
  12. ^ EF-Sレンズ対応カメラ…2011年3月現在、EF-Sレンズ対応カメラはEOS 7DEOS 60DEOS 50DEOS 40DEOS 30DEOS 20D・EOS 20DaEOS Kiss X5EOS Kiss X50EOS Kiss X4EOS Kiss X3EOS Kiss X2EOS Kiss FEOS Kiss デジタル XEOS Kiss デジタル NEOS Kiss デジタルのみである。
  13. ^ a b キヤノン:ニュースリリース「ミラーレスカメラ「EOS M」用交換レンズとマウントアダプターを発売」”. キヤノン株式会社 (2012年7月23日). 2012年8月2日閲覧。
  14. ^ キヤノン:ニュースリリース「“EFシネマレンズ”について」”. キヤノン株式会社 (2011年11月4日). 2012年8月2日閲覧。
  15. ^ キヤノン:ニュースリリース「ハリウッドなどの映像制作市場に本格参入 映像制作用レンズ・カメラで構成する"CINEMA EOS SYSTEM"」”. キヤノン株式会社 (2011年11月4日). 2012年8月1日閲覧。
  16. ^ キヤノン、4K動画撮影可能なデジタル一眼レフカメラを2012年に発売 - デジカメWatch”. 株式会社Impress Watch (2011年11月4日). 2012年8月2日閲覧。
  17. ^ キヤノン:一眼レフカメラ/ミラーレスカメラ用交換レンズ|EFレンズテクノロジー詳細”. Canon Inc./Canon Marketing Japan Inc. (2014年6月4日). 2014年6月4日閲覧。
  18. ^ キヤノンEF-M(キヤノンカメラミュージアム内)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]