キヤノン EOS Kiss デジタル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

キヤノン EOS Kiss デジタル(キヤノン イオス キス デジタル)は、キヤノンデジタル一眼レフカメラの入門・ファミリーユース向けシリーズである。上位機種はEOS 10Dシリーズ。

ここではEOS Kiss デジタルと、後継機種のEOS Kiss デジタルN/XEOS Kiss X2-X5/X50/X6i-X7i、及びEOS Kiss Fについて取り上げる。

EOS Kiss デジタル(初代)[編集]

EOS Kiss Digital(シルバーボディ)
EOS 300D(EOS Kiss Digitalの欧州仕様、ブラックボディ)

2003年9月20日発売。一眼レフカメラのユーザー層を広げたEOS Kissシリーズのデジタル版として登場、上位機種EOS 10Dと同等の画素数の撮影素子を搭載しながら、ボディ単体での実売価格が12万円前後(レンズキットは14万円前後)という低価格を実現させ、普及型デジタル一眼レフカメラの先駆けとして注目された。ライバルメーカーへの影響は大きく、後に登場するニコン D70は正式発表前に「開発発表」として早々と公表されるなど異例の対応が取られた。当初はシルバーボディのみであったが、2004年4月24日にブラックボディが追加発売された。アメリカでの名称はEOS DIGITAL REBEL、ヨーロッパ、アジア、オセアニアでの名称はEOS 300Dである。なお、専用レンズ(EF-S18-55mm F3.5-5.6 USM。EOS 20Dなど、当機種以降のAPS-Cサイズセンサー採用機種でも使用可能)が開発されており、このレンズとのセット販売もされた。2004年にはカメラ記者クラブ特別賞を受賞している(グランプリはD70)。

主な仕様[編集]

EOS Kiss デジタル N(2代目)[編集]

EOS 350D(欧州仕様、ブラックボディ)

2005年3月17日発売。EOS Kiss Digitalの後継機種。新設計のシャッターユニット(フィルム巻上げ音に似たシャッター音を発する)やシャーシ、小型バッテリーの採用によりボディの小型軽量化を実現、有効画素数もEOS 20Dに迫る800万画素にまで向上した。 アメリカでの名称はEOS DIGITAL REBEL XT、ヨーロッパ、アジア、オセアニアでの名称はEOS 350Dである。また、販売促進用としてNew EOS Kiss Digitalの名称も用いられ、当初よりシルバーとブラックの2種類のボディが用意された。

主な仕様(初代との変更点のみ)[編集]

  • 撮影素子:22.2×14.8mmAPS-CサイズCMOSセンサー
  • 有効画素数:約800万画素(総画素820万画素)
  • 記録画素数:3456×2304 (RAW)、3456×2304 (L)、2496×1664 (M)、1728×1152 (S)
  • 画像エンジン:DIGIC II
  • シャッター速度:1/4000-30(1/3、1/2段ステップ)
  • 露出補正:±2段(1/3、1/2段ステップ)
  • E-TTL II自動調光対応
  • 最大連写枚数:3枚/秒(JPEG:最大14枚、RAW:最大5枚、RAW+JPEG:最大4枚)
  • 大きさ:126.5(幅)×94.2(高さ)× 64.0(奥行)mm
  • 重量:485g(本体のみ)

その他変更点[編集]

  • 起動時間が0.2秒に短縮された。(初代は2秒)
  • イージープリントボタンが装備され、PictBridge対応プリンターでの印刷が簡単に出来るようになった。
  • 応用撮影ゾーン (P, Tv, Av, M, A-DEP) において、測光モードとAFモードの選択が可能になった。
  • 20Dと共通のノイズ除去回路を搭載[1]、高感度撮影時のノイズが少なくなった。
  • 別売のバッテリーグリップ及びそれに付属のバッテリーマガジンを使うことで単3乾電池6個でも起動することが可能になった。

EOS Kiss デジタル X(3代目)[編集]

EOS Digital Rebel XTi(北米仕様、ブラックボディ)

2006年9月8日発売。EOS Kiss Digital Nの後継機種。キヤノンのデジタル一眼レフでは初の、ローパスフィルタ上のゴミを振動で除去する機能が搭載された(原理はオリンパス E-1などとほぼ同様)ほか、画素数も上位機種のEOS 30Dを上回る1,010万まで引き上げられた。 アメリカでの名称はEOS DIGITAL REBEL XTi、ヨーロッパ、アジア、オセアニアでの名称はEOS 400Dで、先代同様、当初よりシルバーとブラックの2種類のボディが用意された。

なお、4代目のKiss X2が発売されても低価格モデルとして2008年6月のKiss F発売まで併売された。

主な仕様(2代目との変更点のみ)[編集]

  • 有効画素数:約1,010万画素(総画素1,050万画素)
  • フォーカス:9点オートフォーカス
  • ピクチャースタイル:スタンダード、ポートレート、風景、ニュートラル、忠実設定、モノクロ、ユーザー設定
  • モニタ:約23万画素2.5インチTFT液晶モニタ(これにより液晶モニタ上部の情報ディスプレイは廃止され、モニタ上に情報が表示されるようになった)
  • 最大連写枚数:3枚/秒(JPEG:最大27枚、RAW:最大10枚、RAW+JPEG:最大8枚)
  • 重量:510g(本体のみ)

EOS Kiss X2(4代目)[編集]

EOS REBEL XSi(北米仕様)

2008年3月21日発売。EOS Kiss Digital Xの後継機種であり上位機種(EOS Kiss Digital Xは2008年6月まで併売、その後EOS Kiss Fへ)。有効画素数1,220万画素のCMOSセンサー、DIGIC III、ライブビューを搭載する。なお、銀塩EOS Kissシリーズが2007年をもって生産終了したことから、本モデルより機種名から「デジタル」が省かれた。また、ブラックボディのみとなるほか、記録媒体もSDHC/SDカードとなる。レンズキットに用意されるレンズには手ぶれ補正機構(IS)を持つモデルを用意する。北米ではEOS REBEL XSi、ヨーロッパ、アジア、オセアニアではEOS 450Dの名称で販売される。

主な仕様(3代目との変更点のみ)[編集]

  • 記録媒体:SDメモリーカード、SDHCメモリーカード
  • 有効画素数:約1,220万画素(総画素1,240万画素)
  • 画像エンジン:DIGIC III
  • モニタ:23万ドット・3.0インチTFT液晶モニタ
  • 最大連写枚数:3.5枚/秒(JPEG:最大53枚、RAW:最大6枚、RAW+JPEG:最大4枚)
  • 大きさ:128.8(幅)×97.5(高さ)×61.9(奥行)mm
  • 重量:475g(本体のみ)

その他変更点[編集]

  • スポット測光が可能になった。
  • バッテリーが大容量タイプのLP-E5に変更になった。
  • ボディーカラーのバリエーションがブラック一色となった。(EOS REBEL XSiは従来通りシルバーあり)

EOS Kiss F(4代目廉価版)[編集]

EOS Kiss F

2008年6月27日発売。Kiss X2の廉価版の位置づけの機種。X2発売後も低価格モデルとして併売されていたEOS Kiss Digital Xの販売戦略上の後継機種といえる。北米ではEOS REBEL XS、ヨーロッパ、アジア、オセアニアではCanon EOS 1000Dの名称で販売される。

EOSシリーズ(デジタル)では最軽量ボディを誇る。

X2と比較すると、DIGIC IIIやライブビュー、手ぶれ補正レンズの標準搭載などは据え置きながら、モニターサイズ(2.5型、 約23万画素)や画素数(1010万画素)をEOS Kiss Digital Xと同一化、一部モードでの連写性能を落とすなどのスペックダウンを施し、X2より低価格かつ小型軽量にしたモデルである。

初代EOS Kiss Digital/EOS Kiss Digital Nや銀塩カメラからの買い替え層も狙っている。当然X2もそのまま併売されるので、以降キヤノンのエントリー機が2ラインになった。記録媒体はX2に引き続きSDHC/SDカードとなり、これによりソニーオリンパス以外の全社がデジタル一眼レフのエントリーモデルではSDカードを使用することになった。また、本モデルは発売開始当初、レンズ2本のダブルズームキットが用意されていなかったが、2008年9月5日より発売された。

なお、これはフィルムカメラ時代のEOS Kiss LiteEOS Kiss 5及びその後継のEOS Kiss 7の関係に近い。また、ターゲットも上記のようにフィルムカメラユーザーも視野に入れたものであることから2007年半ばをもって生産終了した銀塩Kissの後継機ともいえる。

主な仕様(Kiss X2との変更点のみ)[編集]

  • 有効画素数:約1,010万画素(総画素1,050万画素)
  • 記録画素数:3888×2592 (L)、2816×1880 (M)、1936×1288 (S)
  • モニタ:23万ドット・2.5インチTFT液晶モニタ
  • フォーカス:7点オートフォーカス
  • ファインダー倍率 約0.81倍(50mmレンズ・∞・-1m-1)
  • 最大連写枚数:3.0枚/秒(JPEG:最大514枚、RAW:最大5枚、RAW+JPEG:最大4枚)
  • 大きさ:126.1(幅)×97.5(高さ)×61.9(奥行)mm
  • 重量:450g(本体のみ)
  • モードダイアル、グリップからゴムが無くなり、プラスチックがむき出しになっている。
  • ワイヤレスのリモートコントローラー、RC-1, RC-5に非対応。

EOS Kiss X3(5代目)[編集]

EOS 500D(欧州仕様)
EOS Kiss X3(日本版)

2009年4月24日発売。EOS Kiss X2の後継にあたる機種。北米ではEOS REBEL T1i、ヨーロッパ、アジア、オセアニアではCanon EOS 500Dの名称で販売される。

EOS Kiss (Digital) シリーズ史上、初めて動画撮影に対応した機種。有効画素数は、約1,510万画素で、ハイアマチュア向けのEOS 50Dと同じ画素数である。レンズキットに含まれるレンズは、EOS Kiss X2と同じもので、手ぶれ補正機構を備える。

主な仕様(Kiss X2との変更点のみ)[編集]

  • 有効画素数:約1,510万画素(総画素1,550万画素)
  • 記録画素数:4752×3168 (L)、3456×2304 (M)、2352×1568 (S)
  • 画像エンジン:DIGIC 4
  • モニタ:92万ドット・3.0インチTFT液晶モニタ
  • ISO感度:常用100~3200。拡張設定で6400、12800
  • 最大連写枚数:3.4枚/秒(JPEG:最大約170枚、RAW:最大約9枚、RAW+JPEG:約最大4枚)
  • 重量:480g(本体のみ)

フルHDでの動画撮影に対応している。

動画関連

  • フォーマット
  • 記録解像度
    • フルHD: 1920x1080/20p(約330MB/分)
    • HD: 1280x720/30p(約222MB/分)
    • SD: 640x480/30p(約165MB/分)

マニュアルでの絞り設定やISO感度設定はできない(先にフルHD動画撮影に対応した上位機種のEOS 5D Mark IIでは、ファームウェアのアップデートにてこれらに対応した)。 外部マイク端子も付いていないため、音声は内蔵マイクからのみ記録可能である。設定すれば音声を記録せず動画のみの撮影も可能。 キットレンズはUSMではなくAFの駆動音が大きいため、キットレンズでの撮影中にAFを使用すると駆動音が記録されてしまうことがある。

EOS Kiss X4(6代目)[編集]

EOS Kiss X4
EOS 550D(欧州仕様)

2010年2月26日発売。EOS Kiss X3の後継にあたる機種。北米ではEOS REBEL T2i、ヨーロッパ、アジア、オセアニアではCanon EOS 550Dの名称で販売される。

有効画素数は、約1,800万画素で、APS-Cサイズセンサーを搭載するEOS DIGITAL最上位機種のEOS 7Dと同じ画素数である。また、新たにマニュアル露出や動画クロップ機能を搭載するなど、動画撮影機能が進化している[2]

主な仕様(Kiss X3との変更点のみ)[編集]

  • 有効画素数:約1,800万画素
  • 記録画素数:5184×3456 (L)、3456×2304 (M)、2592×1728 (S)
  • モニタ:104万ドット・3.0インチTFT液晶モニタ
  • ISO感度:常用100~6400。拡張設定で12800
  • 最大連写枚数:3.7枚/秒(JPEGラージ/ファイン:最大約34枚、RAW:最大約6枚、RAW+JPEGラージ/ファイン:約最大3枚)
  • 大きさ:128.8(幅)×97.5(高さ)×75.3(奥行)mm
  • 重量:約530g(CIPA基準)/約475g(本体のみ)

動画関連

  • 記録解像度
    • フルHD: 1920x1080, 30p/25p/24p(約330MB/分)
    • HD: 1280x720, 60p/50p(約222MB/分)
    • SD: 640x480, 60p/50p(約165MB/分)
    • クロップSD: 640×480, 60p/50p(約165MB/分)
フレームレートが選択可能となっている。

EOS Kiss X5(7代目)[編集]

EOS Kiss X5

2011年3月3日発売。EOS Kiss X4の後継にあたる機種。北米ではEOS REBEL T3i、ヨーロッパ、アジア、オセアニアではCanon EOS 600Dの名称で販売される。有効画素数は、約1,800万画素で、新たにバリアングル液晶となった。また、これまでの全自動に加えピクチャースタイルも自動判別するシーンインテリジェントオートや動画デジタルズームを搭載するほかは、スペックはキヤノン EOS 60Dと同等である[3]

主な仕様(Kiss X4との変更点のみ)[編集]

  • 記録画素数:Kiss X4のL, M, S (S1) に1920×1280 (S2), 720×480 (S3) が加わる。
  • モニタ:104万ドット・3.0インチTFT液晶モニタ(バリアングル式)
  • 最大連写枚数:3.7枚/秒(JPEGラージ/ファイン:最大約34枚、RAW:最大約6枚、RAW+JPEGラージ/ファイン:約最大3枚)
  • 大きさ:133.1(幅)×99.5(高さ)×79.7(奥行)mm
  • 重量:約570g(CIPAガイドラインによる)/約515g(本体のみ)
  • 製造国:日本、台湾(2012年以降)

動画関連

  • 記録解像度
    • フルHD: 1920x1080, 30p/25p/24p(約330MB/分)
    • HD: 1280x720, 60p/50p(約330MB/分)
    • SD: 640x480, 30p/25p(約82.5MB/分)
    • 動画デジタルズームが搭載されるため、Kiss X4のクロップSDは搭載されない。

EOS Kiss X50(7代目廉価版)[編集]

EOS Kiss X50(レッドモデル)
EOS 1100D

2011年3月29日発売[4]。Kiss X5の廉価版の位置づけの機種。X4発売後も低価格モデルとして併売されていたEOS Kiss X3の販売戦略上の後継機種といえる。北米ではEOS REBEL T3、ヨーロッパ、アジア、オセアニアではCanon EOS 1100Dの名称で販売される。また、EOS DIGITAL初のレッドモデルを用意するほか、標準ズームレンズに単焦点レンズ(EF 50mm F1.8 II)も同梱した「こだわりスナップキット」も発売される[5]。なお、レッドモデルが用意されるのは日本のみである[6]

主な仕様(Kiss X5との変更点のみ)[編集]

  • 有効画素数:約1,220万画素
  • 記録画素数:4272×2848 (L)、3088×2056 (M)、2256×1504 (S1)、1920×1280 (S2)、720×480 (S3)
  • モニタ:約23万ドット・2.7インチTFT液晶モニタ(固定式)
  • ISO感度:100~6400
  • 最大連写枚数:3枚/秒(JPEGラージ/ファイン:最大約34枚、RAW:最大約2枚、RAW+JPEGラージ/ファイン:約最大0.8枚)
  • 動画記録解像度:HD: 1280x720, 30p/25p(約222.6MB/分)※それぞれNTSC/PALのフレームレートに固定・音声記録は内蔵マイクによるモノラルのみ
  • 大きさ:129.9(幅)×99.7(高さ)×77.9(奥行)mm
  • 重量:約495g(CIPAガイドラインによる)/約450g(本体のみ)
  • バッテリー:LP-E10
  • 製造国:台湾

EOS Kiss X6i(8代目)[編集]

EOS 650D(欧州仕様)

2012年6月22日発売。EOS Kiss X5の後継にあたる機種。北米ではEOS REBEL T4i、ヨーロッパ、アジア、オセアニアではCanon EOS 650Dの名称で販売される。有効画素数は約1,800万画素とKiss X4以来据え置かれているが、動画記録に適した新AFシステム「ハイブリッドCMOS AF」と、EOS DIGITALで初めてとなるタッチパネル液晶を搭載する。また、動画サーボAFが可能となり、ステッピングモーターを搭載したレンズ[7]を使用することで、AF駆動音を気にすることなく、スムーズな動画撮影が行える[8][9]

主な仕様(Kiss X5との変更点のみ)[編集]

  • モニタ:104万ドット・3.0インチTFT液晶モニタ(バリアングル式)、タッチパネル(静電容量方式)
  • 画像エンジン:DIGIC 5
  • ISO感度:常用100 - 12800。拡張設定で25600
  • 最大連写枚数:5枚/秒(JPEGラージ/ファイン:最大約22枚、RAW:最大約6枚、RAW+JPEGラージ/ファイン:約最大3枚)
  • 動画・ライブビュー時のAF:ハイブリッドCMOS AF方式
  • 大きさ:133.1(幅)×99.8(高さ)×78.8(奥行)mm
  • 重量:約575g(CIPAガイドラインによる)/約520g(本体のみ)
  • 製造国:日本

EOS Kiss X7i(9代目)[編集]

  • 2013年4月12日発売
  • バリアングル液晶ディスプレイ搭載
  • 133.1 × 99.8 × 78.8 mm(幅×高さ×奥行き)
  • 重量:525g
  • ISO感度:常用100 - 12800。拡張設定で25600
  • 連続撮影可能枚数:JPEGL:22枚 RAW:6枚 RAW+JPEGL:3枚

EOS Kiss X7(9代目・X7iのコンパクト版)[編集]

EOS 100D(欧州仕様)
  • 2013年4月24日発売
  • バリアングル液晶ディスプレイ無し
  • 116.8 × 90.7 × 69.4mm(幅×高さ×奥行き)
  • 重量 370g

EOS Kiss X70(X50の後継機)[編集]

  • 2014年3月13日発売
  • バリアングル液晶ディスプレイ無し
  • 129.6 × 99.7 × 77.9mm(幅×高さ×奥行き)
  • 重量 435g


一覧表[編集]

世代 発売日 機種名
(日本)
有効画素数 画像エンジン 動画機能 質量 (g)
(本体のみ)
関連画像
(ウィキメディア・コモンズ)
初代 2003年9月20日 EOS Kiss デジタル 約630万 DIGIC なし 560 Canon EOS 300D
2代目 2005年3月17日 EOS Kiss デジタル N 約800万 DIGIC II 485 Canon EOS 350D
3代目 2006年9月8日 EOS Kiss デジタル X 約1,010万 510 Canon EOS 400D
4代目 2008年3月21日 EOS Kiss X2 約1,220万 DIGIC III 475 Canon EOS 450D
5代目 2009年4月24日 EOS Kiss X3 約1,510万 DIGIC 4 フルHD 480 Canon EOS 500D
6代目 2010年2月26日 EOS Kiss X4 約1,800万 530 Canon EOS 550D
7代目 2011年3月3日 EOS Kiss X5 570 Canon EOS 600D
8代目 2012年6月22日 EOS Kiss X6i DIGIC 5 575 Canon EOS 650D
9代目 2013年4月12日 EOS Kiss X7i 580 Canon EOS 700D

脚注・参考文献[編集]

  1. ^ デジカメWatch (2005年2月18日). “キヤノン、第2世代の低価格デジタル一眼「EOS Kiss Digital N」”. 2007年7月15日閲覧。
  2. ^ デジカメWatch (2010年2月9日). “キヤノン、1,800万画素CMOS搭載の「EOS Kiss X4」”. 2010年3月2日閲覧。
  3. ^ デジカメWatch (2011年2月7日). “キヤノン、バリアングル液晶モニター採用の「EOS Kiss X5」”. 2011年2月26日閲覧。
  4. ^ デジカメWatch (2011年3月24日). “キヤノン、「EOS Kiss X50」を29日に発売延期”. 2011年4月7日閲覧。2011年3月11日時点では3月25日発売予定であったが、東北地方太平洋沖地震の影響により延期となった。「こだわりスナップキット」は4月7日発売。
  5. ^ デジカメWatch (2011年2月7日). “キヤノン、“赤ボディ”のエントリーモデル「EOS Kiss X50」”. 2011年2月26日閲覧。
  6. ^ DigitalCamerainfo.com (2011年2月8日). “Canon Rebel T3 First Impressions Review” (英語). 2011年2月26日閲覧。
  7. ^ EF 40mm F2.8 STM、EF-S 18-135mm F3.5-5.6 IS STMの2本が本機と同時発売されている。
  8. ^ キヤノン、タッチパネル式バリアングル液晶採用の「EOS Kiss X6i」”. デジカメWatch (2012年6月8日). 2012年6月8日閲覧。
  9. ^ キヤノン、「EOS Kiss X6i」「EF 40mm F2.8 STM」など6月22日に発売”. デジカメWatch (2012年6月20日). 2012年6月22日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]