キャット・オスターマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
獲得メダル

キャット・オスターマン
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
女子 ソフトボール
オリンピック
2004 アテネ 団体
2008 北京 団体

キャサリン・リー・"キャット"・オスターマン(Catherine Leigh "Cat" Osterman、 1983年4月18日 - )はアメリカ合衆国テキサス州ヒューストン出身の女子ソフトボール選手。

左投左打。ポジションは投手

2004年アテネオリンピックで金メダルを獲得、2008年北京オリンピックでは銀メダルを獲得している。187センチという高身長や、長い腕と指から放たれる鋭く曲がる変化球が武器である[1]

小学校1年生からソフトボールをはじめたものの、サッカーバスケットボールの影響でソフトボールはやめていたが、5年生の時に再びソフトボールをプレーしだした。2002年テキサス大学オースティン校に入学して以降は、2006年に卒業するまでの4年間の間に2265奪三振の記録を打ち立てた。だが、この記録は2007年5月6日モニカ・アボットに更新されてしまったものの、7インニングにつき14.34の奪三振率の記録は未だに破られていない。また、20回のノーヒットノーランや、10回の完全試合などの記録も持っている。

2011年からは日本ソフトボールリーグの豊田自動織機でプレーしている。[2]

出典[編集]

外部リンク[編集]