ガンフォース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ガンフォース
ジャンル アクションゲーム
対応機種 アーケードゲーム
スーパーファミコン[SFC]
開発元 タムテックス
[SFC]:BITS
発売元 アイレム
人数 1-2人
発売日 [AC]:1991年
[SFC]:1992年11月27日
テンプレートを表示

ガンフォース」(GUNFORCE BATTLE FIRE ENCULFED TERROR ISLAND)とはアイレムより1991年発売のアーケードゲーム。1992年11月27日スーパーファミコンにも移植されている。

ストーリー[編集]

西暦2000年。 R国は秘密裏にすすめていた、ニューロコンピュータ制御による海上要塞の建設に成功した。そして、その恐るべき力は全世界に向けて解き放たれたのだ。それは各国の中央コンピューターネットワークにアクセスし、データバンクを食い荒らした。次々とブレイクされ、支配されていく中枢コンピュータ郡。軍事指揮系統はすべてをシステムダウンさせられ、為す術もなかった。12秒で侵略は終わった。新世紀の幕開けと共に、世界は静かに沈黙した。たった一人の狂気にとりつかれた独裁者の手によって。

各地に潜み、徹底抗戦を続けた続けたレジスタンスもR国の戦術バイオメカノイドによってことごとく鎮圧された。地球は独裁者の手に落ちたかのように見えた。が、しかしそれでもネットワークの監視を逃れた地下には、反R国軍の精鋭が集結しつつあった。その中から選ばれたサバイバル戦のプロフェッショナルの戦士が2人。 コードネームはミルクマンとペーパーボウイ。名前などは必要なかった。敵がいる、眼下の魔の要塞に。最後の望みをかけ、たった一度のファイナルラウンドは今始まった。

登場兵器[編集]

銃火器[編集]

全般
アイテムを持っている敵を倒して奪う、箱を壊して取ることで使用可能。重複した武装を取った場合は手持ちの弾が加算され、全ての武器の上限値は999発となる。手持ちの武器を使いきった場合は初期装備のサブマシンガンへと戻り、アイテムを持った状態でミスした場合はアイテム1個分を物理的に落とす形となる。
サブマシンガン
最初に携帯している武器。威力に乏しいが連射力はあり、ゲーム中で唯一弾数制限がない。
オートライフル
ボタンを押したままでオート連射が可能になる。
バズーカ
一発あたりの威力は最強で、連射力もあるので目標施設破壊用に適している。汎用性が高いためメインで使っていける武器。
レーザーライフル
貫通力が高い光学兵器。射程距離は長いが効果範囲は狭いため、よく狙う必要がある。
フレイムスロウワー
火炎放射器。射程が短いため接近戦にならざるを得ないが、連続して敵にダメージを与えることができる。
弾数補給
現在使用している武器の弾数補給。ちなみに手持ちの武器と同じアイテムを重複して取るよりも回復量は少なく、初期装備のサブマシンガンの場合は取っても効果がない。
ボーナスポイント
$マークのアイテムで取ることによってスコアが加算される。

戦闘車両[編集]

全般
車両の近くでジャンプボタンを押すことにより乗り込み、乗った状態でもう一度押すと降りることができる。敵に体当たりもできるが乗り物ごとに耐久値が設定されており、搭乗中に破壊された場合は基本的にミスとなる。またグラフィックが変化することにより損壊状態が確認できる。
砲台
弾数無制限の固定砲台だが、背面などは剥き出しのため直接攻撃を食らうと1ミス。
ジープ
二人乗りが可能で後部座席には弾数無制限のレーザーライフルが装着されている。プレイヤーは剥き出しのため直接敵の攻撃を食らうと1ミス。
ヘリ
前述のジープと同じ仕様。
トロッコ
ステージ2に登場。銃座有りのものと無しのもの、2タイプが存在する。
ゴンドラ
ステージ3に登場。トロッコと同じく2タイプ存在。
モーターバイク(AC版のみ)
弾数無限のミサイルランチャーを装備しているが見た目ほどの攻撃力はない。
APC(AC版のみ)
弾数無限のバズーカ砲が装備されており、耐久性が高いのと1人乗りという点を除けばジープとほぼ同じ。
戦車(SFC版では敵として最終面にのみ)
画面全体を拡散する主砲とサブマシンガンと同程度の性能を持つ砲塔から攻撃可能。耐久性はトップクラス。
ボート
海上を唯一移動できる乗り物で、演出として登場するに留まる。
パワーローダー
弾数無限のレーザーライフルを装備しており耐久性も高いが、最終ステージのボス前でしか使用できず活躍の場は少ない。