カール・フォン・ガラグリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Flag of Hungary.svg この項目では、ヨーロッパ風の表記法に従い、名前を名姓順で表記していますが、ハンガリー語圏の慣習に従いガラグイ・カーロイと表記することもあります。
カール・フォン・ガラグリ
Carl von Garaguly
基本情報
出生 1900年12月28日
Flag of Austria-Hungary (1869-1918).svg オーストリア=ハンガリー帝国
ハンガリー王国の旗 ハンガリー王国 ブダペスト
死没 1984年10月4日(満83歳没)
スウェーデンの旗 スウェーデン
ストックホルム県 ストックホルム
ジャンル クラシック音楽
職業 指揮者
ヴァイオリニスト
担当楽器 ヴァイオリン

カール・フォン・ガラグリCarl von Garaguly, 1900年12月28日 - 1984年10月4日[1]は、ハンガリー出身の北欧で活躍したヴァイオリニスト指揮者マジャル語ではガラグイ・カーロイ(Garaguly károly)。

ブダペスト出身。地元の音楽院イェネー・フバイに学んだあと、ベルリン高等音楽院アンリ・マルトーの薫陶を受けた。1917年にベルリン・フィルハーモニー管弦楽団にヴァイオリン奏者として入団した。1923年にイェーテボリ交響楽団のコンサートマスターに就任し、楽壇所属の弦楽四重奏団も主宰した。1930年にはストックホルム・コンサート協会の副コンサートマスターとなり、1937年と1938年の学生コンサートで指揮者として活動するようになった。クレメンス・クラウスに指揮法を師事し、1940年からフリッツ・ブッシュの退任で空席となったストックホルム・フィルハーモニー管弦楽団の指揮台に上がり、1942年から1953年まで首席指揮者となった。一方で1940年から自分の弦楽四重奏団を結成して室内楽奏者としても活動した。1952年から1958年までベルゲン・ハルモニーエンの首席指揮者を務め、ベルゲン音楽祭を創設した。1959年からは1970年までアーンヘム・フィルハーモニー管弦楽団、1985年から1980年まで南ユラン交響楽団の首席指揮者を歴任し、以後はフリーランスで活動した。

ジャン・シベリウスを得意とした。[2]

ストックホルムにて死去。


[編集]

  1. ^ Booklet of "Stockholm Philharmonic Orhestra 75 years 1914-1989"<BIS CD-421/424>
  2. ^ 逸匠列伝 カール・フォン・ガラグリ