カール・タウジヒ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カール・タウジヒ

カール・タウジヒCarl Tausig, 1841年11月4日 - 1871年7月17日)はポーランド出身のピアニスト。姓はタウジッヒとも表記する。ポーランド語ではカロル・タウシクKarol Tausig)。

ワルシャワユダヤ系の家庭に生まれ、父親からピアノの手ほどきを受ける。その後フランツ・リストヴァイマルに訪ねて師事を認められ、その後、演奏旅行に同行するようになる。この時タウジヒは14歳であった。師事後、ドイツに定住して1865年ベルリンでピアノ教室を開くが、すぐに教室を畳んでヨーロッパ各地で演奏旅行を行い、模範的な演奏技巧によって知られるようになった。29歳の時にライプツィヒにて、腸チフスにより他界した。

作曲家として残した作品はほとんど数少なく、ほとんど調査・研究されていない。

自作のほかに、数多くの作曲家の作品をピアノ曲に編曲した。バッハの《トッカータとフーガ ニ短調》BWV565の編曲はわりあい有名である。他にヴァーグナーの編曲(『ワルキューレ』より「ワルキューレの騎行」、『トリスタンとイゾルデ』の「イゾルデの愛の死」など)のピアノ編曲が遺されている。また、ショパンの『ピアノ協奏曲第1番』の改訂も行ったが、ピアノ・パートはおろか曲自体にも大幅に手を加えた結果、陳腐な曲になってしまったと悪評高い。

ブラームスはリストに敬意を抱いていなかったが、タウジヒとは親交を結び、その演奏技巧を念頭に置いて、2巻の《パガニーニの主題による変奏曲》(パガニーニ練習曲)を作曲した。

作品[編集]

  • バラード『幽霊船 (Das Geisterschiff)』
  • 2つの演奏会用練習曲
  • 10の前奏曲
  • ハンガリーのジプシーの歌

外部リンク[編集]