カンムリカッコウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カンムリカッコウ
Chestnut-winged Cuckoo.jpg
保全状況評価[1]
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: カッコウ目 Cuculiformes
: カッコウ科 Cuculidae
: カンムリカッコウ属
Clamator
: カンムリカッコウ
C. coromandus
学名
Clamator coromandus
(Linnaeus, 1766)
和名
カンムリカッコウ
英名
Chestnut-winged Cuckoo

カンムリカッコウ(冠郭公、学名:Clamator coromandus)は、カッコウ目カッコウ科に分類される鳥類の一種である。

形態[編集]

全長約45cm。雌雄同色である。頭部に長めの冠羽があるのが特徴である。

分布[編集]

ヒマラヤ山脈の麓のインドネパールから中国、東南アジアにおいて繁殖し、北方のものはフィリピン方面へ渡る。

日本では迷鳥として、山形県飛島石川県舳倉島薩南諸島南西諸島で記録がある。

Sibley分類体系上の位置[編集]

シブリー・アールキスト鳥類分類

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ BirdLife International (2004). Clamator coromandus. 2006. IUCN Red List of Threatened Species. IUCN 2006. www.iucnredlist.org. Retrieved on 11 May 2006. Database entry includes justification for why this species is of least concern
執筆の途中です この項目「カンムリカッコウ」は、鳥類に関連した書きかけ項目です。加筆・訂正などをして下さる協力者を求めていますポータル鳥類 - PJ鳥類