カンパーニャ・T-REX

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

T-REX(ティーレックス)とは、カナダのカンパーニャモータースが製造する三輪自動車トライク)である。

概要[編集]

カンパーニャ・T-REX 14R
Campagna T-Rex.jpg
リア
Campagna T-Rex rear.jpg
製造国 カナダの旗 カナダ
販売期間 1996年
設計統括 ダニエル・カンパーニャ
デザイン ドイッチマン・デザイン
乗車定員 2名
ボディタイプ 三輪自動車
エンジン 1.4L 直列4気筒DOHCカワサキ製)
最高出力 197hp/10500rpm
最大トルク 15.7kg-m/7500rpm
変速機 6MT/5MT
駆動方式 MR
サスペンション ダブルウィッシュボーン/スイングアーム
全長 3500mm
全幅 1981mm
全高 1067mm
ホイールベース 2286mm
車両重量 472Kg
-自動車のスペック表-

元レーサーでF1のメカニック経験もあったダニエル・カンパーニャは、1990年カナダケベック州に「カンパーニャ・モータース」を設立、1994年にT-REXのコンセプトカーを発表し、1996年より販売を開始した。 マシンの構想およびプロトタイプ製作は彼自身の手で行われ、T-REXを創造するのに会社設立以前から通算して8年以上を費やしている。

乗車定員は2名。車体は鋼鉄製のチューブフレームにFRP製のボディパネルが架装されており、車体重量は472Kg(乾燥重量)となっている。前2輪・後1輪の車輪配置で、並列複座の背後に搭載されたオートバイ用エンジンが後輪を駆動するMRである。そのスタイルは一見ロードスターに近いものであるが、標準モデルではドアはおろかフロントガラスさえ装備されておらず、非常にスパルタンな仕様となっている(オプションで風防を含むエアロパーツが設定されている)。

またスパルタンさは外観だけにとどまらず、ブレーキはWilwood、ホイールはRAYSエンケイのモデルが設定され、さらに動力として2007年からの現行モデルT-REX 14Rではカワサキ・ZZR1400と同じエンジンが搭載されており、その出力はラム過給時には200PSを超え、車重の軽さも相まってわずか3.92秒で60mph(時速約100km)まで加速する性能を持つ[1]

T-REXは販売開始以来いくどかのモデルチェンジを実施しているが、エンジンの変更が主であり、ボディスタイルなどの基本的な構成に変化はない。エンジンとトランスミッションはベースとなる車種からほぼそのまま流用している。

生産はすべてカンパーニャの工房にて、ハンドメイドで行われている。

2010年より年間の生産台数を50台に限定した特別仕様車T-REX 14RRという車種も存在する。

なお同じカンパーニャモータースが製造する姉妹車として、Harley Davidson社のVツインエンジンを搭載するラグジュアリー・リバーストライク[1]V13Rという車種もある。

エンジン・トランスミッション[編集]


関連項目[編集]


脚注[編集]

  1. ^ a b CAMPAGNA MOTORS JAPAN - カナダ・カンパーニャモータース日本総代理店