オイテンハーヘ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オイテンハーヘ/ユイテンヘーグ
Uitenhage
座標 : 南緯33度46分00秒 東経25度24分00秒 / 南緯33.76667度 東経25.40000度 / -33.76667; 25.40000
歴史
建設 1804年[1]
市制施行 1877年
創設者 ヤーコプ・フレン・コイラー
行政
南アフリカ共和国の旗 南アフリカ共和国
 州 東ケープ州
 市 ネルソン・マンデラ・ベイ
 町 オイテンハーヘ/ユイテンヘーグ
地理
面積  
  町域 84.77km2(32.73mi2
人口
人口 (2001年現在)
  町域 7万1666人
    人口密度   850人/km2(2200人/mi2
その他
等時帯 南アフリカ標準時UTC+2

オイテンハーヘアフリカーンス語: Uitenhage[œjtənˈɦɑːxə])は、南アフリカ共和国東ケープ州にある町。英語では同じスペルでユイテンヘーグ ([ˈjuːtɨnheɪɡ]) と発音される。ポートエリザベス郊外にあたり、フォルクスワーゲンアフリカ大陸最大規模の自動車工場を置く。

歴史[編集]

地区の行政官ヤーコプ・フレン・コイラーによって1804年4月25日に建設され、ケープ植民地総督ヤン・ウィレム・ヤンセンスが行政長官のヤーコプ・アブラハム・オイテンハーヘ・デ・ミストにちなみ命名した[2]。オイテンハーヘはグラーフ=ライネ地区の一部をなした。

ケープ植民地は1872年に責任内閣制を宣言し、自治を手に入れた。1875年、当時のジョン・チャールズ・モルテーノ内閣によってオイテンハーヘとポートエリザベスや内陸部を結ぶ鉄道の建設がはじまった。その2年後の1877年、オイテンハーヘは市制施行した[3]

以後100年近く、オイテンハーヘはアパルトヘイト抵抗運動の中心地となった。1985年には葬列の群集が警官隊と衝突し、多くの死傷者を出すアパルトヘイト史上悪名高い事件が発生した[4][5]

2001年にポートエリザベスおよびデスパッチの各市と合併し、ネルソン・マンデラ・ベイが誕生した。

経済[編集]

フォルクスワーゲングッドイヤーが工場を構える。フォルクスワーゲンの工場に隣接するアレクサンダー工業団地では、そこに納入する自動車部品が生産される。

出身有名人[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Chronological order of town establishment in South Africa based on Floyd (1960:20-26)”. pp. xlv-lii. 2012年6月2日閲覧。
  2. ^ Uitenhage is founded”. sahistory. 2010年2月14日閲覧。
  3. ^ Burman, Jose (1984), Early Railways at the Cape. Cape Town: Human & Rousseau, p.66. ISBN 0-7981-1760-5
  4. ^ Thornton, R. J. (1990). “The Shooting at Uitenhage, South Africa, 1985: The Context and Interpretation of Violence”. American Ethnologist 17 (2): 217–236. doi:10.1525/ae.1990.17.2.02a00020. JSTOR 645077. 
  5. ^ http://www.doj.gov.za/trc/hrvtrans/uiten/bucwa.htm
  6. ^ [1]
  7. ^ Christo van Rensburg - South African Airways ATP Rankings History

参考文献[編集]

 この記事にはアメリカ合衆国内で著作権が消滅した次の百科事典本文を含む: Chisholm, Hugh, ed (1911). Encyclopædia Britannica (11 ed.). Cambridge University Press.