神よ、アフリカに祝福を

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

神よ、アフリカに祝福を(Nkosi sikelel' iAfrika)はアフリカ各国(特にサハラ以南)で歌われている賛美歌であり、現在3カ国が国歌として使用している。作曲者は現在の南アフリカ出身のエノック・マンカイ・ソントンガ。

1897年に賛美歌の一つとしてソントンガが作曲した同歌は、教会、黒人の学校などで歌われるようになり、国中に知れ渡るようになった。その後、サミュエル・ンカイが作詞した。

アパルトヘイトに反発し、南アフリカの黒人解放運動の指導的立場にあったANC(アフリカ民族会議)が1925年国歌として制定し、あらゆる所で歌われた。そのため、アパルトヘイト時代の南ア政府は「反逆歌」として、歌うのを禁止した。

アパルトヘイトが法律上無くなった1994年、南ア初の黒人大統領ネルソン・マンデラはこの歌とアパルトヘイト時代の国歌であった「南アフリカの呼び声」を同国の国歌として宣言し、1997年に両曲を一つに編曲した歌が南アフリカの国歌となった。

また、1987年制作の映画「遠い夜明け」にも収録されている。

現在、国歌として使用している国[編集]

過去に、国歌として使用していた国[編集]

歌詞[編集]

Nkosi sikelel' iAfrika
Maluphakanyisw' uphondo lwayo
Yiva imathandazo yethu
Nkosi Sikelela Nkosi Sikelela

Nkosi sikelel' iAfrika
Maluphakanyisw' uphondo lwayo
Yiva imathandazo yethu
Nkosi Sikelela
Thina lusapho lwayo.

コーラス
Yihla moya, yihla moya
Yihla moya oyingcwele
Nkosi Sikelela
Thina lusapho lwayo.