エルンスト・アウグスト・フォン・ハノーファー (1914-1987)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

エルンスト・アウグスト・フォン・ハノーファー(Ernst August von Hannover, 1914年3月18日 - 1987年12月9日)は、ブラウンシュヴァイク公国の王族。全名はエルンスト・アウグスト・ゲオルク・ヴィルヘルム・クリスティアン・ルートヴィヒ・フランツ・ヨーゼフ・ニコラウス・オスカーErnst August Georg Wilhelm Christian Ludwig Franz Joseph Nikolaus Oskar)。ブラウンシュヴァイク公エルンスト・アウグストの長男で世子であったが、ドイツ革命により君主制が倒されたため即位することはなかった。ハノーファー王国の王家の子孫でもあり、1953年から死去まで「エルンスト・アウグスト4世」としてハノーファー王家およびブラウンシュヴァイク公家の家長であった。

1914年3月18日、エルンスト・アウグスト(3世)とその妃であったドイツ皇帝ヴィルヘルム2世の王女ヴィクトリア・ルイーゼの間に第一子として、ブラウンシュヴァイク公国の首都であったブラウンシュヴァイクで生まれた。出生時からハノーファー王家の男系男子としてハノーファー王子(Prinz von Hannover)とブラウンシュヴァイク=リューネブルク公(Herzog zu Braunschweig und Lüneburg)の称号および殿下(Königliche Hoheit)の敬称を、ブラウンシュヴァイク公位の法定推定相続人としてブラウンシュヴァイク公世子(Erbherzog von Braunschweig)の称号を持っていたが、1918年のドイツ革命により貴族制が廃されたためこれらの称号は法的な根拠を失った。

革命が発生すると両親や兄弟とともにオーストリアへ一時亡命した。帰国後はザーレム(現バーデン=ヴュルテンベルク州ボーデンゼー郡)にクルト・ハーンが開設していたザーレム校で教育を受け、ついでゲッティンゲン大学法学を学び1936年に博士号を取得した。

第二次世界大戦中、エルンスト・アウグストは陸軍中尉として従軍し、1943年ハリコフ近郊で負傷した。1942年までエーリッヒ・ヘープナーの下に配属されていたため、1944年7月20日ヒトラー暗殺計画が失敗すると、ベルリンのプリンツ・アルブレヒト通り(現ニーダーキルヒナー通り)にあったゲシュタポ本部に拘禁された。

エルンスト・アウグストはドイツ人であったが、自身がソフィア帰化法Sophia Naturalization Act 1705)によってイギリス国籍も持っているとして1951年に提訴し、1957年に最高裁(貴族院)に主張を認めさせた。

エルンスト・アウグストは1987年12月9日に死去した。彼は2度結婚しており、最初の妻でグリュックスブルク家傍系出身のオルトルート・ツー・シュレースヴィヒ=ホルシュタイン=ゾンダーブルク=グリュックスブルク(1925年 - 1980年)との間に家長を嗣いだエルンスト・アウグストモナコ公女カロリーヌと結婚)をはじめ3男3女をもうけていた。2人目の妻との間には子供はいない。

子女[編集]

外部リンク[編集]

先代:
エルンスト・アウグスト(3世)
ハノーファー王家家長
1953 - 1987
次代:
エルンスト・アウグスト(5世)
先代:
エルンスト・アウグスト(3世)
ブラウンシュヴァイク公家家長
1953 - 1987
次代:
エルンスト・アウグスト(5世)