エマニュエレ・フィリベルト級戦艦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エマニュエレ・フィリベルト級戦艦
Italian battleship Emanuele Filiberto during World War I.jpg

「エマニュエレ・フィリベルト」
艦級概観
艦種 戦艦
艦名 人名
前級 レ・ウンベルト級
次級 レジナ・マルゲリータ級
性能諸元
排水量 常備:9,897トン
満載:10,100トン
全長 111.8m
105.5m(水線長)
全幅 21.0m
吃水 7.2m
機関 形式不明石炭専焼水管缶12基
+三段膨張型レシプロ機関2基2軸推進
最大
出力
13,552hp
最大
速力
18.0ノット
航続
距離
10ノット/4,000海里
燃料 石炭:600トン(常備)、1,000トン(満載)
乗員 557名
兵装 アームストロング 1898年型 25.4cm(40口径)連装砲2基
アームストロング 1892年型 15.2cm(40口径)単装速射砲8基
オチキス 4.7cm(43口径)単装機砲8基
45,7cm水中魚雷発射管単装4基
装甲 舷側:102~249mm(水線中央部)
甲板:40~80mm(主甲板)
主砲塔:249mm(前盾)
バーベット部:150mm
司令塔:249mm(最大厚)

エマニュエレ・フィリベルト級戦艦 (Corazzate Classe Emanuele Filiberto) はイタリア海軍が建造した二番目の前弩級戦艦の艦級である。

艦形[編集]

竣工当時の「アミラーリオ・ディ・サイント・ボン」

船体形状は当時の主流である平甲板型船体で、艦首水面下に衝角を持つ艦首から前部甲板上に「アームストロング 1898年型 25.4cm(40口径)砲」を前向きに連装式の砲塔に収めて1基を配置。艦橋構造は司令塔を下部に組み込んだ船橋を両側に持つ箱型艦橋が立つ。その背後から上部構造物が始まり、2本煙突は、この頃のイタリア戦艦の特徴である缶室分離配置により1番煙突と2番煙突は顕著に前後に離されており、船体中央部に単脚式のマストが1本立っていた。煙突の周囲には煙管型の通風筒が立ち並び、舷側部には副砲の「アームストロング 1892年型 15.2cm(40口径)速射砲」が舷側ケースメイト配置で単装砲架で片舷4基ずつ計8基が配置されていた。通風筒の外側は艦載艇置き場となっており、2番煙突の後ろで上部構造物は終了し、甲板一段分下がった後部甲板上に後向きに2番連装主砲塔1基が配置されていた。この武装配置により前後方向に最大25.4cm砲2門、15.2cm砲2門が指向でき、左右方向に最大25.4cm砲4門、15.2cm砲4門が指向できた。

武装[編集]

主砲[編集]

竣工当時の「エマニュエレ・フィリベルト」

主砲は当時のイタリア海軍でも艦砲はアームストロング社に一任してあったため、本型も「アームストロング 1898年型 25.4cm(40口径)砲」を採用した。その性能は227kgの砲弾を、最大仰角20度で18,000mまで届かせられた。この砲を新設計の連装式の砲塔に収めた。砲塔の俯仰能力は仰角20度・俯角5度である。旋回角度は単体首尾線方向を0度として左右125度の旋回角度を持つ、主砲身の俯仰・砲塔の旋回・砲弾の揚弾・装填は主に水圧で行われ、補助に人力を必要とした。発射速度は1分間に1.5発であった。

その他の備砲・水雷兵装[編集]

副砲は建造元のイタリアがイギリス企業に依存していたため「アームストロング 1892年型 15.2cm(40口径)速射砲」を採用した。この砲はイギリス前弩級戦艦「ロイヤル・サブリン級」や同時期のイタリア「装甲巡洋艦ジュゼッペ・ガリバルディ級」の副砲にも採用されている優秀砲である。その性能は45.3kgの砲弾を、最大仰角15度で9,140mまで届かせられた。この砲を単装砲架で舷側ケースメイト(砲郭)配置で片舷4基ずつ計8基を配置した。俯仰能力は仰角15度・俯角3度である。旋回角度は舷側方向を0度として左右150度の旋回角度を持つ、砲身の俯仰・砲塔の旋回・砲弾の揚弾・装填は主に人力を必要とした。発射速度は1分間に5~7発と速かった。

他に対水雷艇迎撃用に「アームストロング 12cm(40口径)単装速射砲」を採用した。この砲は長命で、イタリア海軍最後の戦艦である「ヴィットリオ・ヴェネト級」にも礼砲や照明弾撃ち出しのために搭載されていた。その性能は重量20.4kgの砲弾を仰角20度で9,050mまで届かせることが出来た。砲架の俯仰能力は仰角20度・俯角5度で、旋回角度は360度の旋回角度を持っていた。主砲身の俯仰・砲塔の旋回・砲弾の揚弾・装填は主に人力を必要とした。発射速度は毎分5~6発である。これを舷側ケースメイト配置で片舷4基ずつ計8基を装備した。近接戦闘用としてこの時代の軍艦に広く採用されたフランスオチキス社の「4.7cm(43口径)単装砲」を単装砲架で8基装備した。他に対艦攻撃用に45.7cm魚雷発射管を舷側部に単装で4基配置していた。

同型艦[編集]

  • エマニュエレ・フィリベルト
  • アミラーリオ・ディ・サイント・ボン

参考図書[編集]

  • 「世界の艦船増刊第41集 イタリア戦艦史」(海人社)
  • 「Conway All The World's Fightingships 1860-1905」(Conway)
  • 「Conway All The World's Fightingships 1906–1921」(Conway)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]