エドヴァルド・ミルゾヤン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ミルゾヤン(右)とアルメニアの作曲家ルーベン・サルキシャン(2011年10月)

エドヴァルド・ミハイロヴィッチ・ミルゾヤンアルメニア文字:Էդուարդ Միրզոյան, キリル文字:Э́двард Миха́йлович Мирзоя́н, ラテン文字:Edvard Mirzoyan, 1921年5月12日 - 2012年10月5日[1])は、アルメニア作曲家

作曲家のミハイル・ミルゾヤンの息子。グルジアゴリに生まれるが、1924年エレバンに移住。エレバン音楽院で学んだ後、モスクワで学ぶ。1947年、モスクワで弦楽四重奏曲第1番を作曲した。1948年からエレバン音楽院で教壇に立ち、1972年から1986年まで作曲学部長を務めた。また1957年から1991年までアルメニア作曲家連盟議長を務めた。

作風はセルゲイ・プロコフィエフドミートリイ・ショスタコーヴィチバルトーク・ベーラの影響を受け、その上にアルメニア民謡を取り入れたものである。

作品には交響曲室内楽曲歌曲ピアノ曲映画音楽がある。代表作には『ティンパニと弦楽のための交響曲』(1962)、『アラム・ハチャトゥリヤンの思い出に寄せる詩碑銘』(1988)、連作ピアノ曲『祖母のアルバム』(1984)などがある。

脚注[編集]

  1. ^ Renowned Armenian composer Edvard Mirzoyan dies at 92

外部リンク[編集]