エドワード・ホッパー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
自画像(1906年)

エドワード・ホッパーEdward Hopper, 1882年7月22日 -1967年5月15日)は、20世紀アメリカ画家

20世紀アメリカの具象絵画を代表する1人。

経歴と画風[編集]

ニューヨーク州ナイアック(Nyack)に生まれる。商業美術の学校に進んだのち、ニューヨーク美術学校(New York School of Art)で絵画を学ぶ。アシュカン派(ごみ箱派、アッシュカン・スクール)の指導的画家であるロバート・ヘンライは同校の教師であり、アメリカン・ライフの写実的描写はその影響とされる。

1925年に制作された『線路脇の家』はホッパーの最初期の連作の一つで、その後の彼のスタイルを決定づけた作品である。都会の街路、オフィス、劇場、ガソリンスタンド、灯台、田舎家などアメリカ人には見慣れた都市や郊外の風景を、単純化された構図と色彩、大胆な明度対比、強調された輪郭線で描く彼の作品は今日のアメリカでも高い人気をもっている。

代表作[編集]

ギャラリー[編集]

外部リンク[編集]