エデル・ジョフレ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エデル・ジョフレ
Memorial - eder jofre - 01.jpg
基本情報
本名 Éder Zumbano Jofre
通称 ガロ・デ・オーロ(黄金のバンタム)
階級 バンタム級
国籍 ブラジルの旗 ブラジル
誕生日 1936年3月26日(78歳)
出身地 サンパウロ州サンパウロ市
スタイル オーソドックス
プロボクシング戦績
総試合数 78
勝ち 72
KO勝ち 50
敗け 2
引き分け 4
テンプレートを表示

エデル・ジョフレEder Jofre1936年3月26日 - )は、ブラジルの元プロボクサー。世界バンタム級チャンピオン、WBC世界フェザー級チャンピオン。二階級制覇者。「ガロ・デ・オーロ(黄金のバンタム)」の異名を奉られ、巧みな防御と軽量級離れした強打で、当時の軽量級としては極めて高いKOアベレージを記録、バンタム級史上最強に推す専門家も多い。

来歴[編集]

サンパウロ州サンパウロ市生まれ。父・アリスティデス、およびその兄弟もボクサーという格闘技一家に生まれる。ボクシングジムを経営していた父から手ほどきを受け、アマチュアで活躍。メルボルンオリンピックの代表となり、準々決勝で敗退はしたものの、アマ通算戦績は150戦148勝2敗という驚異的レコードを残した。

1957年、プロ入り。いきなり5連続KO勝利を飾るなど、連戦連勝を続けていく。1959年にはフィリピンの強豪レオ・エスピノサダニー・キッドを判定に、翌1960年には“ロープ際の魔術師”ジョー・メデルを10回KOに下す。そして1960年11月18日、世界王者ジョー・ベセラの引退で空位となっていたNBA世界王座をメキシコの強豪エロイ・サンチェスと争い、6回KO勝ちでNBA世界バンタム級王者となる。この時点でのプロ通算戦績は38戦35勝(25KO)無敗3引分け。

その後は間にノンタイトル戦を挟みながら8度の王座防衛を、いずれもKO勝利で達成。その中には、EBUBBBofC認定世界バンタム級王者ジョニー・コードウェルとの統一戦で10回KO勝ちした試合、日本のホープで「メガトンパンチ」の異名を取った青木勝利を全く問題にせず、ボディへの左フックで3回KOに下した試合、ジョー・メデルを6回KOで返り討ちにした試合、技巧派ベルナルド・カラバロを7回KOに下した試合も含まれる。ノンタイトル戦でも、矢尾板貞雄アウトボクシングに苦戦し、9回までポイントをリードされるものの、10回に逆転KO勝ちした試合など名勝負が多い。

1965年5月17日、9度目の防衛戦の相手に元フライ級世界王者ファイティング原田を迎える。エデル圧倒的有利の予想で始まったこの試合は、原田が無尽蔵のスタミナと驚異的な回転速度の連打でジョフレを苦しめ、4回にはKO寸前まで追い込む波乱の展開となった。しかし、エデルは5回に得意の強打で逆に原田をグロッギーに陥れるなど、ボクシング史に残る死闘となったこの試合は、僅差の判定で原田に軍配が上がった。

リターン・マッチでも原田に敗れ、一度は引退するが復帰、階級をフェザーに上げ、1973年、37歳にしてWBC世界王者ホセ・レグラに挑戦、一度はレグラのボディブローでダウンを喫したものの、その後はレグラを圧倒、2-0の判定でWBC世界フェザー級王座を奪取、二階級制覇を達成した。

1973年10月21日、その王座の初防衛戦ではかつての名チャンピオン、7歳年下のビセンテ・サルディバルをボディブローでKO、変わらぬ怪物ぶりを見せつけたが、その後の防衛戦を行わないまま、翌1974年6月、WBCから王座をはく奪された。その後、1976年2月に40歳を目前に再起し、6連勝したものの、トレーナーでもあった父親の死もあり、1976年10月8日、オクタビオ・ファモソ・ゴメス(メキシコ)との対戦(12回判定勝ち)を最後に引退した。なお、ジョフレに土を付けたボクサーは原田ただ一人である。

エピソード[編集]

  • 人格者でもあった。原田にタイトルを奪われた試合は、上述の通りクロス・ゲームであったが、試合後には笑顔で原田を担ぎ上げていた。
  • 菜食主義者だったという。

スタイル[編集]

身長は決して高くなかったが筋骨隆々の肉体で、ガードを高く上げるいわゆるピーカブー・スタイルをとった。序盤は巧みな防御で敵の攻撃を防ぎつつ、攻撃のパターンを読み切った時点で反撃に移り、そのフォロー・スルー(打ち抜き効果)の効いた破壊的な強打でマットに沈めた。

通算戦績[編集]

75戦69勝(48KO)2敗4引分け

エデル・ジョフレに関連した書籍・番組[編集]

  • 「黄金のバンタム」を破った男 (百田尚樹著) ISBN-13 978-4569679167

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

空位
前タイトル保持者
ホセ・ベセラ
第23代(WBA初代)WBA世界バンタム級王者

1960年11月18日 - 1965年5月18日

次王者
ファイティング原田
前王者
N/A
初代WBC世界バンタム級王者

1963年2月14日 - 1965年5月18日

次王者
ファイティング原田
前王者
ホセ・レグラ
第11代WBC世界フェザー級王者

1973年5月5日 - 1974年(剥奪)

空位
次タイトル獲得者
ボビー・チャコン