ホセ・レグラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ホセ・レグラ
基本情報
本名 ホセ・レグラ
通称 小型クレイ
階級 ヘビー級
国籍 キューバの旗 キューバ
スペインの旗 スペイン
誕生日 1943年4月19日(71歳)
出身地 キューバハバナ
テンプレートを表示

ホセ・レグラJose Legra、男性、1943年4月19日 - )は、キューバ出身の元プロボクサー。元WBC世界フェザー級王者。ハバナの生まれ。カシアス・クレイ(モハメド・アリ)になぞらえて「小型クレイ」とも言われたスピーディかつ巧みなボクシングで、同王座を二度獲得した。

略歴[編集]

貧しい靴磨きだったが、キューバ革命に伴いマイアミを経てスペインへ移住。キューバ時代の戦績が不明であるが、判明している記録だけで見ても、1964年から1968年までの4年間で81戦し、55連勝を含む78勝1敗2引分けという驚異的なレコードを残している。

1968年7月24日、ハワード・ウィンストンを5回KOに破りWBC世界フェザー級王座を獲得。翌1969年1月21日の初防衛戦でジョニー・ファメションに判定負け、タイトルを失うが、それから約4年後の1972年12月16日、強打の王者クレメンテ・サンチェスに挑戦、13度もダウンさせる勝利でWBC王座に返り咲いた。

1973年5月5日、初防衛戦で甦った“黄金のバンタム”エデル・ジョフレと対戦し、判定負けでタイトルを失う。

1973年11月27日、ニカラグアマサヤで無名の新人との再起第2戦。しかし、初回に豪快に倒されKO負け。この試合を最後に引退したが、レグラに引導を渡し世界ランクを奪い取ったこの無名の新人は、後に「リングの貴公子」と呼ばれフェザー級スーパーフェザー級最強と言われる若き日のアレクシス・アルゲリョであった。

通算戦績[編集]

151戦135勝(49KO)12敗4引分け(判明分のみ)

関連項目[編集]

前王者
ハワード・ウィンストン
第5代WBC世界フェザー級王者

1968年7月24日 - 1969年1月21日

次王者
ジョニー・ファメション
前王者
クレメンテ・サンチェス
第10代WBC世界フェザー級王者

1972年12月16日 - 1973年5月5日

次王者
エデル・ジョフレ