エディ・パーキンス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エディ・パーキンス
基本情報
本名 Eddie Perkins
通称 リングの親善大使
階級 ジュニアウェルター級
身長 165cm
リーチ 173cm
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
誕生日 1937年3月3日
出身地 ミシシッピ州クラークスデール
死没日 2012年5月10日(満75歳没)
プロボクシング戦績
総試合数 98
勝ち 74
KO勝ち 21
敗け 20
引き分け 2
テンプレートを表示

エディ・パーキンスEddie Perkins1937年3月3日 - 2012年5月10日)は、アメリカ合衆国の元プロボクサー。第12代及び第15代世界ジュニアウェルター級王者。

人物[編集]

1937年3月3日アメリカ合衆国ミシシッピ州クラークスデール出身。

1956年12月27日に、アメリカ合衆国ウィスコンシン州ミルウォーキーでの対ノーマン・ジョンソン戦(6回戦)でプロデビュー(6回判定負け)。プロ初勝利は1957年4月17日、イリノイ州シカゴでの対ジェリー・ジョーダン戦(4回判定勝ち)。

その後は順調にキャリアを重ねるが、ローカルタイトルに挑戦する機会がないまま、1961年6月12日ベネズエラカラカスカルロス・モロチョ・エルナンデス英語版ベネズエラの旗 ベネズエラ)とノンタイトル10回戦に判定勝ちしたことが認められて、その年の10月21日イタリアミラノで世界ジュニアウェルター級王者:デュリオ・ロイイタリア語版イタリアの旗 イタリア)に挑戦。初の世界戦は15ラウンドを戦って69-70、71-71、71-69と三者三様のドロー判定で王座獲得に失敗。

その後2戦置いて、1962年9月14日に再び敵地ミラノでデュリオ・ロイに再挑戦し、15回判定勝ちで初の世界王座獲得を果たす。しかし3ヶ月後の12月15日にロイとのリターンマッチに15回判定で敗れて王座を陥落した。

1963年6月15日フィリピンマニラロベルト・クルス英語版フィリピンの旗 フィリピン)に挑戦、15回判定勝ちで王座返り咲きを果たす。王座初防衛戦で日本へ来襲、1964年1月4日蔵前国技館高橋美徳三迫ボクシングジム)の挑戦を受け、13回1分33秒KO勝ちで高橋を倒して初防衛、4月18日にはジャマイカキングストンでベニー・グラント(ジャマイカの旗 ジャマイカ)に判定勝ちして2度目の防衛に成功した。しかし、1965年1月18日にかつて対戦したカルロス・モロチョ・エルナンデスに15回判定負けし、王座を陥落。その後世界王座再挑戦の機会はなかった。

パーキンスは世界王座陥落後も現役を続けた。日本では辻本英守ライオン古山龍反町と対戦してそれぞれ勝ち、格の違いを示したり、ホセ・ナポレスニコリノ・ローチェアンヘル・エスパダなど後の世界王者と拳を交えた。世界五大陸の23か国45都市で戦い、母国である米国での試合の多くは相手のホームで行い、『リングの親善大使』という異名が付けられている[1]

1974年11月11日、来日して辻本章次に10回戦で判定負け、これは日本選手に対する唯一の黒星である。

1975年5月30日、フランツ・サンドル(オーストリアの旗 オーストリア)に8回判定で敗れたのを最後にリングを去った。

2006年には世界ボクシング殿堂に顕彰された。

晩年は糖尿病認知症に悩まされていた。2012年5月10日シカゴの自宅で死去[2][3]。75歳没。

戦績[編集]

プロボクシング 戦績
98 試合 (T)KO 判定 その他 引き分け 無効試合
74 21 53 0 2 0
20 1 19 0

獲得タイトル[編集]

  • 第12代世界ジュニアウェルター級王座(防衛0)
  • 第15代世界ジュニアウェルター級王座(防衛2)
  • NABFウェルター級王座(防衛0 - 返上)

脚注[編集]

外部リンク[編集]