ウラナミシロチョウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ウラナミシロチョウ
Catopsilia pyranthe ad sec.jpg
分類
: 動物界 Animalia
: 節足動物門 Arthropoda
: 昆虫綱 Insecta
: チョウ目(鱗翅目) Lepidoptera
上科 : アゲハチョウ上科 Papilionoidea
: シロチョウ科 Pieridae
亜科 : モンキチョウ亜科 Coliadinae
: ウラナミシロチョウ属 Catopsilia
: ウラナミシロチョウ C. pyranthe
学名
Catopsilia pyranthe
Latreille, 1775
和名
ウラナミシロチョウ(裏波白蝶)
英名
Mottled Emigrant
亜種
  • Catopsilia pomona pyranthe

ウラナミシロチョウ(裏波白蝶・学名Catopsilia pyranthe)は、チョウ目(鱗翅目)アゲハチョウ上科シロチョウ科に属するチョウの一種。

概説[編集]

近縁種ウスキシロチョウに似る。裏に薄くさざなみ模様がある点で区別可能。翅は全体的に薄い黄色で、前翅表の外縁に薄く黒い縁取り、中央にこれまた薄い黒点を持つ。キチョウが色あせて大きくなったようなチョウ。

山麓疎林よりも、人家周辺の荒地などに多い。

生態[編集]

暖地性のチョウ。越冬態は不定で、成虫は通年出現する。食草は主にマメ科の植物で、ナンバンサイカチ属ナンバンサイカチコチョウセンナなど)、センナ属ハブソウなど)、タヌキマメ属ハマセンナシロゴチョウなど。

分布[編集]

南アジア東南アジアオーストラリアの一部に分布する。日本では石垣島宮古島および西表島に生息する。

画像[編集]

関連項目[編集]

参考文献[編集]