ウラジーミル・レオンテヴィッチ・コマロフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ウラジーミル・レオンテヴィッチ・コマロフ
コマロフの記念切手
人物情報
生誕 Влади́мир Лео́нтьевич Комаро́в
1869年10月13日
Romanov Flag.svg ロシア帝国サンクトペテルブルク
死没 1945年12月5日(満76歳没)
ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦モスクワ
ノヴォデヴィチ墓地
出身校 サンクトペテルブルク大学
学問
研究分野 植物学地理学
研究機関 サンクトペテルブルク大学
主な受賞歴 レーニン勲章
スターリン賞1941年
スターリン賞(1942年
社会主義労働英雄1943年
命名者名略表記
(植物学)
Kom.
署名
テンプレートを表示

ウラジーミル・レオンテヴィッチ・コマロフロシア語:Влади́мир Лео́нтьевич Комаро́вラテン文字表記:Vladimir Leontyevich Komarov1869年10月13日 - 1945年12月5日)は、ロシア帝国サンクトペテルブルク出身の植物学者探検家

1941年1942年スターリン賞を受賞し、1943年には社会主義労働英雄となった。

また、サンクトペテルブルクにあるコマロフ植物研究所英語版コマロフ植物園英語版に名を残している。

生涯[編集]

1869年10月13日、ロシア帝国のサンクトペテルブルクに生まれる。

1890年サンクトペテルブルク大学に入学し[1][2]数学物理学専攻する。

1894年卒業し、1898年には母校のサンクトペテルブルク大学の教授として務める。

探検家としても東シベリア中国東北部北朝鮮モンゴルを探検し、植物の生態の研究を行い、多くの論文や植物誌を著した。

1920年よりロシア科学アカデミー会員となり、1936年から亡くなる1945年までロシア科学アカデミーの総裁を歴任した。

1940年イギリス動物学者自然科学者チャールズ・ダーウィン進化論に影響され『植物の種の理論』を著し、1941年にスターリン賞を受賞した。

第二次世界大戦中はウラル地方の資源供給に精力的に参加し、1942年に再びスターリン賞を受賞。1943年には社会主義労働英雄となった。

1945年12月3日、モスクワで亡くなる。

脚注[編集]

  1. ^ 万有百科大事典 1972, p. 245.
  2. ^ 大日本百科事典 1967, p. 581.

参考文献[編集]

先代:
アレクサンドル・カルピンスキ
ロシア科学アカデミー総裁
1936年 - 1945年
次代:
セルゲイ・ヴァヴィロフ