ウィリアムズバーグ橋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ウィリアムズバーグ橋

ウィリアムズバーグ橋(Williamsburg Bridge)とは、アメリカ合衆国ニューヨーク州ニューヨーク市にある、イースト川の上に架かっている吊り橋マンハッタン東部とブルックリン地区を結ぶ。下流にはマンハッタン橋がある。

概要[編集]

  • 1896年に工事が開始され、1903年12月19日に開通。
  • スパンは約488m。開通当時は世界一長い吊り橋だったが、1924年にベアー・マウンテン・ブリッジに抜かれる。
  • 全長は約2,227m。
  • 自動車列車の両方を通す。こうした吊り橋は、ニューヨーク市ではこの橋とマンハッタン橋だけ。
  • 1980年代に大規模な改修工事が行われた。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

この記事は英語版からの翻訳を含みます