イーゾラ・デル・ジリオ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イーゾラ・デル・ジリオ
Isola del Giglio
イーゾラ・デル・ジリオの風景
行政
イタリア国旗 イタリア
Flag of Tuscany.svg トスカーナ
Blank.png グロッセート
CAP(郵便番号) 58012 (Castello), 58013 (Giglio Porto), 58010 (Giglio Campese)
市外局番 0564
ISTATコード 053012
識別コード E348
分離集落 #集落参照
隣接コムーネ  
公式サイト リンク
人口
人口 1,409 [1](2012-01-01)
人口密度 69.2 人/km2
文化
住民の呼称 gigliesi
守護聖人 San Mamiliano
祝祭日 9月15日
地理
座標 北緯42度21分57秒 東経10度54分7秒 / 北緯42.36583度 東経10.90194度 / 42.36583; 10.90194座標: 北緯42度21分57秒 東経10度54分7秒 / 北緯42.36583度 東経10.90194度 / 42.36583; 10.90194
標高 405 (0 - 496) [2] m
面積 23.80 [3] km2
イーゾラ・デル・ジリオの位置(イタリア内)
イーゾラ・デル・ジリオ
イーゾラ・デル・ジリオの位置
グロッセート県におけるコムーネの領域(ジャンヌートリ島は示されていない)
グロッセート県におけるコムーネの領域
(ジャンヌートリ島は示されていない)
Flag of Italy.svg ポータル イタリア
テンプレートを表示

イーゾラ・デル・ジリオイタリア語: Isola del Giglio)は、イタリア共和国トスカーナ州グロッセート県にある、人口約1500人の基礎自治体(コムーネ)。ティレニア海に浮かぶジリオ島(イーゾラ・デル・ジリオ)と、その属島からなる。

ジリオ島は、自然と史跡に恵まれたリゾート地として知られる。2012年1月にはコスタ・コンコルディアの座礁事故が発生した。

名称[編集]

島の名は、もともとラテン語で「羊の島」アエギリウム(Aegilium)と呼んでいたものが変化したものであるが、ジリオ(giglio)はイタリア語で「ユリ」を意味する。ユリはかつてこの島を治めていたフィレンツェの紋章でもある。

地理[編集]

トスカーナ諸島

位置・広がり[編集]

島としてのジリオ島(イーゾラ・デル・ジリオ)は、ティレニア海トスカーナ群島に属する7つの島のうちのひとつ。本土で最も近いモンテ・アルジェンターリオの海岸からは、西へ約14km離れている。ジリオ島の南東約16kmにはジャンヌートリ島が、西約45kmにはモンテクリスト島がある。

コムーネとしてのイーゾラ・デル・ジリオは、ジリオ島とジャンヌートリ島(人口約100人)からなっている。グロッセート県では最も南に位置するコムーネで、県都グロッセートの南約36km、州都フィレンツェの南約150km、チヴィタヴェッキアの西北約80km、首都ローマの西北約129kmの距離にある。

地勢[編集]

ジリオ島はほとんどが花崗岩からなり、地形は山がちである。島の最高峰は Poggio della Pagana(496 m)。岩がちな海岸線の延長は27kmで、いくつかの入り江(Arenella、Cannelle、Caldane、Campese)がある。

ジリオ島はトスカーナ群島国立公園 (it:Parco nazionale dell'Arcipelago Toscanoに含まれ、豊かな生態系に恵まれている。島の90%は地中海性森林 (enであり、広大なマツ林が広がっている。

島の平滑な崖には多くのブドウ畑があり、ここで栽培される「ヴィーノ・アンソナコ」(Vino Ansonaco)と呼ばれる品種のブドウからは島特産のワインが生産されている。

集落[編集]

コムーネとしてのイーゾラ・デル・ジリオには4つの地区(分離集落、フラツィオーネ)があり、ジリオ島は3つの地区に分けられる。

  • ジャンヌートリIsola di Giannutri
  • ジリオ・カステッロ(Giglio Castello
  • ジリオ・ポルト(Giglio Porto
  • ジリオ・カンペーゼ(Giglio Campese

島の東海岸にあるジリオ・ポルトGiglio Porto)は、島の玄関となるジリオ港を擁している。Chiesa や Moletto、Saraceno といった集落はこの地区に属する。島の西北、最大の入り江であるカンペーゼ湾に面したジリオ・カンペーゼGiglio Campese)は、近代的な海岸リゾート地区となっている。島の中央、ポルトとカンペーゼの中間の丘の上にあるジリオ・カステッロGiglio Castello)は、古い城砦都市である。この地区にはCasamatta、Centro、Cisterna、Rocca といった集落が属する。

ジリオ・ポルト 
ジリオ・カステッロ 
ジリオ・カンペーゼ 
ジリオ島。右下が北。 
ジリオ島の斜面と海 
ジャンヌートリ島 

歴史[編集]

コスタ・コンコルディアが座礁した事故

古代[編集]

ジリオ島には鉄器時代から居住者がおり、のちにエトルリア人たちが軍事的な要塞として利用した。

中世・近世[編集]

805年、カール大帝によってローマのトレ・フォンターネ英語版修道院に寄進された。その後、島はアルドブランデスキ家英語版カエターニ家英語版オルシーニ家といった有力貴族や、ペルージャ市の統治下におかれた。1241年、シチリア王国のフェデリーコ1世(神聖ローマ皇帝フリードリヒ2世)はジェノヴァの艦隊を打ち破っている。1264年からはピサ市の領有となり、その後メディチ家の領地となった。島はたびたびイスラム教徒の侵攻を受けており、最後のものは1799年であった。

近代・現代[編集]

2012年1月13日、島の東岸ジリオ・ポルト(ジリオ港)の沖合で、豪華客船コスタ・コンコルディアが座礁・転覆する事故が発生した(コスタ・コンコルディアの座礁事故参照)。

社会[編集]

経済・産業[編集]

主要な産業は観光業である。島は自然に恵まれ、多様な動植物がみられる。海洋の生物相も豊かであり、スキューバダイビングのポイントとしても知られている。

原産地統制呼称(DOP)ワインである「アンソニカ・コスタ・デッラルジェンタリオ」 (it:Ansonica Costa dell'Argentarioの産地である。このワインは、このコムーネ(およびモンテ・アルジェンターリオ)で栽培される「ヴィーノ・アンソナコ」(Vino Ansonaco)から生産される。

人口[編集]

人口推移[編集]

交通[編集]

ジリオ港
  • ジリオ港(ジリオ・ポルト)

本土(モンテ・アルジェンターリオ)のサント・ステーファノ港 (it:Porto Santo Stefanoとの間に、ナヴィガツィイオーネ・マレジリオ社(compagnie di navigazione Maregiglio)とトレマール社 (Toremarフェリーを運航している。

2004年4月21日からは交通量の調節のため、島を車両で訪れる場合には交通大臣の発行した書類が必要である。

文化・観光・施設[編集]

カンペーゼの塔 (it:Torre del Campeseなど、中世に海沿いに築かれたいくつかの塔がある。

カステッロの市街 
カンペーゼの塔 
Spiaggia delle Cannelle 

脚注[編集]

外部リンク[編集]