ソラーノ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ソラーノ
Sorano
ソラーノの風景
行政
イタリア国旗 イタリア
Flag of Tuscany.svg トスカーナ
Blank.png グロッセート
CAP(郵便番号) 58010
市外局番 0564
ISTATコード 053026
識別コード I841
分離集落 #行政区画参照
隣接コムーネ #隣接コムーネ参照
公式サイト リンク
人口
人口 3,586 [1](2012-01-01)
人口密度 20.5 人/km2
文化
住民の呼称 soranesi
守護聖人 San Nicola
祝祭日 12月6日
地理
座標 北緯42度40分55秒 東経11度42分54秒 / 北緯42.68194度 東経11.71500度 / 42.68194; 11.71500座標: 北緯42度40分55秒 東経11度42分54秒 / 北緯42.68194度 東経11.71500度 / 42.68194; 11.71500
標高 379 (158 - 947) [2] m
面積 174.60 [3] km2
ソラーノの位置(イタリア内)
ソラーノ
ソラーノの位置
グロッセート県におけるコムーネの領域
グロッセート県におけるコムーネの領域
Flag of Italy.svg ポータル イタリア
テンプレートを表示

ソラーノイタリア語: Sorano)は、イタリア共和国トスカーナ州グロッセート県にある、人口約3600人の基礎自治体コムーネ)。中世以来の山岳城砦都市である。

地理[編集]

位置・広がり[編集]

グロッセート県東南部のコムーネで、東にラツィオ州ヴィテルボ県に接している。県都グロッセートの東南東約50km、州都フィレンツェの南南東約127km、シエーナの南南西約77km、ローマの西北約110kmに位置する。

隣接コムーネ[編集]

隣接するコムーネは以下の通り。VTはヴィテルボ県所属。

地勢[編集]

山がちな地形である。コムーネを流れる主要な川はフィオーラ川 (it:Fioraで、コムーネの西の境界ともなっている。コムーネの中央部をレンテ川 (it:Lente (fiume)が流れている。

ソラーノを含むグロッセート県南東部は、イタリア語でトゥーフォ(tufo)と呼ばれる凝灰岩質の地域 (it:Area del Tufoである。トゥーフォは石材として加工しやすく、ソラーノの中心集落やソヴァーナなどに特徴的な都市景観をもたらしている。

主要な集落[編集]

コムーネの中心集落であるソラーノは、コムーネの中央やや南寄りに位置する。レンテ川の渓谷を見下ろす断崖上に築かれている。

中心集落の南東約6kmに位置するソヴァーナ (Sovanaは、かつてこの地域の中心地でもあった。「カノッサの屈辱」で知られる11世紀のローマ教皇グレゴリウス7世はソヴァーナの出身である。

ソラーノ 
ソヴァーナ 

歴史[編集]

先史・古代[編集]

先史時代、この地域にはおそらくヴィッラノーヴァ文化英語版を持つ人々が暮らしていたと考えられる。この地域が歴史上最初に記載されるのは紀元前3世紀のことで、この地域にはエトルリア人が居住していた。当時、この地域の中心地は人口の多かったソヴァーナ (Sovana(現在はソラーノの分離集落)にあり、ソラーノもソヴァーナの影響下にあった。ローマ時代、この地域はしばらく歴史から姿を消す。

中世[編集]

この地域が再び歴史に姿を見せるのは862年のことである。この年、イタリア王ルドヴィコ2世英語版アルドブランデスキ家英語版をこの地の領主とした。アルドブランデスキ家は南トスカーナで最も有力な封建領主であり、その勢力は4世紀以上にわたって続いた。1312年、当主が男子の継承者を残さず没したためにアルドブランデスキ家は絶えた。彼の娘はオルシーニ家のロマーノ・オルシーニと結婚していたため、この地の領主権はオルシーニ家に移った。

ソラーノはシエーナ共和国と抗争を繰り返し、1417年にはシエーナの宗主権を認めさせられた。しかし、シエーナ共和国がメディチ家のフィレンツェ公国に併合された1556年に、ソラーノは独立を回復している。ソラーノの要塞は、その重要な位置ゆえにしばしば戦乱に巻き込まれた。また、オルシーニ家の内紛の中心地でもあった。1604年、アレッサンドロ・ディ・ベルトルドが没すると、トスカーナ大公国の一部となった。

近代・現代[編集]

1860年、トスカーナ大公国はサルデーニャ王国(翌年イタリア王国となる)に編入された。

行政[編集]

行政区画[編集]

ソラーノは、以下の分離集落(フラツィオーネ)からなる。

社会[編集]

人口推移[編集]

文化・観光・施設[編集]

ソラーノやソヴァーナは近隣のピティリアーノなどとともに中世の要塞都市の面影を残す観光地として知られている。

ソラーノ 
ソラーノ 


人物[編集]

著名な出身者[編集]

  • グレゴリウス7世 - 11世紀の聖職者、ローマ教皇(在位:1073年 - 1085年)。ソヴァーナ生まれ。

脚注[編集]

外部リンク[編集]