インターポール (バンド)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
インターポール
Interpol
}
基本情報
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ニューヨーク
ジャンル インディーロック
ポストパンク・リバイバル
活動期間 1997年 -
レーベル マタドール・レコード
キャピトル・レコード(米)
パーロフォン(英)
EMIミュージック・ジャパン(日)
メンバー
ポール・バンクス
ダニエル・ケスラー
サム・フォガリーノ
旧メンバー
グレッグ・ドルディ
カルロス・デングラー

{{{Influences}}}

インターポール (Interpol) はアメリカニューヨーク出身のロックバンド。

来歴[編集]

1997年結成。当時はメンバー全員がニューヨーク大学の学生であった。2000年に英インディ・レーベルケミカル・アンダーグラウンドからデビューEPをリリース。その直後にドラマーのドルディが脱退し、フォガリーノが加入する。

自主制作盤を発表した後、2002年に米インディー・レーベルのマタドール・レコードと契約。同年に1stアルバム『ターン・オン・ザ・ブライト・ライツ』をリリース。このアルバムは評論家から称賛をもって受け入れられ、各種メディア媒体の「年間アルバム・ランキング」に挙げられた[1] 。また、インディーからのリリースにもかかわらず、全米で30万枚以上を売り上げるロングヒットとなった。バンドは好調なセールスに支えられ世界ツアーを展開し、2003年にはサマーソニックで初来日を果たした。

2004年には2ndアルバム『アンティックス』を発表。全米で初登場15位を記録し、2011年時点での売上は、英米の合算で50万枚を超えている。翌2005年には単独公演[2]とサマーソニック[3]で一年に二度の来日公演を行った。

2006年秋、メジャーレーベルのキャピトル・レコードへの移籍が発表され、翌2007年に3rdアルバム『アワー・ラヴ・トゥ・アドマイヤー』をリリース。英米でいずれもトップ5に入る大ヒットを収めた他、各国で大きなチャート・アクションを起こし、世界規模の評価を得た。音楽的には初めてキーボードを導入し、従前とは異なる作品に仕上がっている。同年8月には、2003年、2005年に続いてサマーソニック07に出演した。

2010年には4枚目のアルバムでセルフタイトルの『インターポール』を発表。同作は自身のレーベルSoft Limitからのリリースとなり(アメリカでは古巣のマタドール、ヨーロッパなどではCooparative Musicを通してのリリース)、インディーに回帰した形となった[4]。なお、同作の完成後にベーシストのカルロス・デングラーが脱退[5]。アルバム発表にともなうツアーにはデイヴィッド・パホ(元スリント、トータスズワンなど)がサポート・ベーシストとして帯同した[6]

メンバー[編集]

サポートメンバー[編集]

  • ブランドン・カーティス (Brandon Curtis) - キーボード、バッキングボーカル担当。
  • ブラッド・トゥルアックス(Brad Truax)- ベース担当[8]

元メンバー[編集]

  • カルロス・デングラー (Carlos Dengler) - 1974年4月23日生まれ。コロンビアおよびドイツ系の血をひく。ベース、キーボード担当。2010年脱退。
  • グレッグ・ドルディ (Greg Drudy) - ドラムス担当。2000年脱退。envyのリリースでも知られるインディー・レーベル、レベル・プレーン・レコードのオーナー。

音楽性[編集]

ザ・キラーズフランツ・フェルディナンドなどと同様、ポストパンク・リバイバルに位置づけられる。しばしばジョイ・ディヴィジョンと比較され、バンクスのボーカルもイアン・カーティスとの類似性が指摘されている。重く暗い雰囲気を持つサウンドが特徴的で、「艶やかで哀愁を帯びたメロディは、氷のような美しさがある」[9] とも評される音楽性がバンドの大きな魅力となっている。

ディスコグラフィー[編集]

*発売日はアメリカにおけるもの。「英」は 全英アルバムチャート 、「米」は Billboard 200 におけるチャートの最高位を示す。

オリジナル・アルバム[編集]

- 発売日 アルバム 補足
1 2002年8月19日 ターン・オン・ザ・ブライト・ライツ Turn on the Bright Lights 101 151
2 2004年9月27日 アンティックス Antics 21 15
3 2007年7月6日 アワ・ラヴ・トゥ・アドマイヤー Our Love to Admire 2 4
  • アイルランドでは1位を獲得。
4 2010年9月7日 インターポール Interpol 10 7

シングル&EP[編集]

  • Fukd I.D. #3(2000年)
  • Precipitate EP(2001年)
  • Interpol EP(2002年)
  • Obstacle 1(2002年)※ヨーロッパのみ
  • Say Hello to the Angels(2003年)※ヨーロッパのみ
  • The Black EP(2003年)
  • Obstacle 1 Remix(2003年)※ヨーロッパのみ
  • Slow Hands(2004年、2005年再発)※ヨーロッパのみ
  • Evil(2005年)※ヨーロッパのみ
  • C'Mere(2005年)※ヨーロッパのみ
  • Interpol Remix EP(2005年)
  • The Heinrich Maneuver(2007年)
  • Mammoth(2007年)
  • Interpol: Live in Astoria EP(2007年)
  • Barricade(2010年)

来日公演[編集]

2003年

2005年

  • 1月25日 東京・東京・渋谷CLUB QUATTRO
  • 1月26日 大阪・心斎橋CLUB QUATTRO
  • 8月13日 東京・サマーソニック2005
  • 8月14日 大阪・サマーソニック2005

2007年

  • 8月11日 東京・サマーソニック2007
  • 8月12日 大阪・サマーソニック2007

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]