イヌハッカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イヌハッカ
Catnip-blossom.jpg
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
: シソ目 Lamiales
: シソ科 Lamiaceae
: ネペタ属 (イヌハッカ属)Nepeta
: イヌハッカ N. catariaa
学名
Nepeta cataria
和名
イヌハッカ
英名
Catnip

イヌハッカ(学名:Nepeta cataria)は、シソ科ネペタ属多年草ハーブの1種。キャットニップ(英名catnipより。)、チクマハッカ長野県筑摩より。)とも。

肉料理の香り付けに用いたり、サラダに入れたり、ハーブティーにする。

英名であるcatnipは「が噛む草」という意味であり、その名の通り、猫はこのを好む。これはこの草の精油ネペタラクトンという猫を興奮させる物質が含まれているからである。

猫に同様の効果をもたらす植物としてマタタビ荊芥キャットミントがある。