イヌハッカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イヌハッカ
Catnip-blossom.jpg
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
亜綱 : キク亜綱 Asteridae
: シソ目 Lamiales
: シソ科 Lamiaceae
: イヌハッカ属 Nepeta
: イヌハッカ N. catariaa
学名
Nepeta cataria
和名
イヌハッカ
英名
Catnip

イヌハッカ(学名: Nepeta cataria 、英名: Catnip )は、シソ科イヌハッカ属多年草ハーブの1種。英名由来のキャットニップという名でも知られる。また、日本に帰化したものが長野県筑摩郡で発見されたことから、その地名にちなんだチクマハッカという呼び名も存在する。

概要[編集]

古くから薬草として利用された品種であり、肉料理の香り付けに用いたり、サラダに入れたり、ハーブティーにも利用される。8月〜9月にかけて、白か紫色の6ミリほどの花を咲かせる。同じ属のネペタ・ムッシーニ (N.mussini ) やネペタ・ラセモーサ (N. racemosa ) などといっしょに、日本ではキャット・ミントと呼ばれることもある。

猫が好むハーブ[編集]

種名のカタリア (cataria ) はラテン語に関する意味があり、また英名の Catnip には「猫が噛む」という意味がある。その名の通り、猫はこのハッカに似た香りのある草を好むが[1]、これはこの草の精油ネペタラクトンという猫を興奮させる物質が含まれているからである。猫がからだをなすりつけるので、イヌハッカを栽培する際には荒らされることも多いが、この葉をつめたものは猫の玩具としても売られている[2]

なお、猫に同様の効果をもたらす植物としてマタタビ荊芥などがあるが、日本において特に有名な前者にちなみ、イヌハッカは「西洋マタタビ」と呼ばれることもある。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 基本ハーブの事典 東京堂出版 北野佐久子 2005年p30
  2. ^ ハーブ事典 ハーブを知りつくすAtoZ 文化出版局 レスリー・ブレムネス 1999年p64