イギリス理想主義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

イギリス理想主義(British idealism)は十九世紀後半から二十世紀初頭にかけて隆盛を誇った哲学政治思想上の流派とその考えである。

概説[編集]

十九世紀後半から二十世紀初頭にかけて、イマヌエル・カント復興運動が起こり、ドイツにおいては新カント学派が形成され、イギリスにおいてもイギリス理想主義学派ができた。イギリスでの中心人物はトーマス・ヒル・グリーンであった。彼等はイギリス伝統の経験論功利主義に反対し、認識論では観念論価値論では人格主義教養主義を唱える。政治思想的には自由主義または新自由主義[1]多元的国家論などを主張した。

その歴史と思想[編集]

先駆者の思想[編集]

イギリス伝統の経験論功利主義に反対する思想としては、十九世紀初頭、イギリスでロマン主義として起こった。この期のサミュエル・コールリッジトーマス・カーライルはイギリス理想主義の先駆者である。ただ、この期の活動は伝記や評論といったものが主で、哲学理論としてではなかった。

最盛期の哲学[編集]

功利主義において、ジョン・スチュアート・ミル理想主義を採り入れて質的に変化した後、その影響下、トーマス・ヒル・グリーンドイツ観念論にも学んで、経験論功利主義唯物論に対抗するものとして、本格的に理想主義哲学を打ち立てた。その他のメンバーとしては、エドワード・ケヤード、フランシス・ブラッドリーバーナード・ボザンケなどがある。メンバーによってイマヌエル・カントに重きを置くか、ゲオルク・ヴィルヘルム・フリードリヒ・ヘーゲルに重きを置くかの違いはある[2]が、物質に対する精神の重要性を説くのは同じである。

政治思想[編集]

このような理想主義哲学理論に影響されて、この派の政治理論家は独自の政治理論を構築した。トーマス・ヒル・グリーン自身がその人格主義から自由主義を主張したし、その理論はイギリス自由党の理論的主柱となった。その影響を受けて、レオナルド・ホブハウスは新しい新自由主義を提唱した[3]し、そこから多元的国家論も出てくることになった[4]。この二人の影響のもと、シドニー・ウェッブフェビアン主義の理論を形成し、イギリス労働党の理論的一角となった[5]。この派に属してもっぱら政治理論を展開した者には、エルネスト・バーカーアレキサンダー・リンゼーなどがいる。

対抗思想の出現と衰退[編集]

オックスフォードを中心としたイギリス理想主義への対抗思想としては、二十世紀初頭からケンブリッジを中心としたイギリス実在論が興った。ジョージ・エドワード・ムアバートランド・ラッセルなどがその中心である。この二人の実在論や論理実証主義の隆盛によって、二十世紀初頭以降イギリス理想主義は衰退したが、二十世紀後半になって、イギリスにおいても、日本においても、イギリス理想主義研究は復活しつつある。

主な論者と著作[編集]

哲学[編集]

政治思想[編集]

日本での研究[編集]

明治時代においては、多くの哲学研究者がトーマス・ヒル・グリーンから人格主義の考え方を学ぼうとしていた。それらの者には、中島力造大西祝高山樗牛綱島梁川桑木厳翼西田幾多郎などがいた。昭和戦前においては、河合栄治郎は同じくグリーンから、人格主義にプラスするに、教養主義自由主義を研究し、自己の思想として開花させた。戦後においては、哲学的には行安茂がグリーンの研究を行い、政治思想的には北岡勲が全般の政治思想を、萬田悦生がグリーンを、芝田秀幹バーナード・ボザンケをそれぞれ研究している。

なお、初期のトーマス・カーライルに影響を受けそれを研究する者としては新渡戸稲造がいる[6]。イギリス理想主義を研究する団体としては、日本イギリス理想主義学会がある[7]

脚注[編集]

  1. ^ 新自由主義を唱えたのはレオナルド・ホブハウスであるが、新自由主義の名称には注意が必要である。ホブハウスの唱える名称は「新自由主義」(New Liberalism)であるが、二十世紀後半のフリードリヒ・ハイエクミルトン・フリードマンの「新自由主義」(Neo-Liberalism)とは別物で、まるで反対物である。
  2. ^ グリーンに関しては、カント、ヘーゲルの両方の要素を受け継ぐと見なされるが、ボザンケに関してはヘーゲルの要素が強い。
  3. ^ ホブハウスの自由主義についての主著は『自由主義』(Liberalism, 1911)である。新しい自由主義の名称は「新自由主義」(New Liberalism)であった。ホブハウスは影響力ある思想家ではあったが、理想主義の徒と言うわけにはいかない。彼は社会ダーウィニズムの影響も受けており、理論的には折衷家であった。
  4. ^ ホブハウスは国家論として、バーナード・ボザンケの『国家の哲学的理論』(The Philosophical Theory of the State, 1899)に対抗して『国家の形而上学的理論』(The Metaphysical Theory of the State, 1918)を著した。それが契機の一つとなって、多数の賛同者からなる多元的国家論が形成されることにもなった。
  5. ^ 河合栄治郎はイギリス労働党の哲学的基盤はイギリス理想主義にあると断じたが、青木育志はイギリス理想主義の要素とそうでない要素があるとした。河合栄治郎『英国社会主義史研究』日本評論社、1938年。河合栄治郎『英国労働党のイデオロギー』九州書院、1947年。青木育志『河合栄治郎の社会思想体系』春風社、2011年、124-127頁。
  6. ^ 新渡戸にはカーライルについて、『ファースト物語』『衣服哲学講義』の著書(『新渡戸稲造全集』第9巻、教文館、1969年所収)がある。
  7. ^ この学会の著作として、行安茂編『イギリス理想主義の展開と河合栄治郎――日本イギリス理想主義学会設立10周年記念論集』世界思想社、2014年がある。

参考文献[編集]

哲学[編集]

  • 河合栄治郎『トーマス・ヒル・グリーンの思想体系』上巻、下巻、日本評論社、1930年(『河合栄治郎全集』第1、2巻、社会思想社、1968年所収)
  • 行安茂『グリーンの倫理学』明玄書房、1968年
  • 行安茂『トマス・ヒル・グリーン研究』理想社、1974年
  • 行安茂藤原保信編『T・H・グリーン研究』イギリス思想研究叢書、御茶の水書房、1982年
  • 行安茂『近代日本の思想家とイギリス理想主義』北樹出版、2007年
  • 行安茂編『イギリス理想主義の展開と河合栄治郎――日本イギリス理想主義学会設立10周年記念論集』世界思想社、2014年

政治思想[編集]

  • 河合栄治郎『英国社会主義史研究』日本評論社、1938年(『河合栄治郎全集』第5巻、社会思想社、1968年所収)
  • 北岡勲『政治的理想主義――イギリス政治思想史の一研究』御茶の水書房、1986年
  • 北岡勲『イギリス政治哲学の生成と展開――オックスフォード学派研究』御茶の水書房、1987年
  • 萬田悦生『近代イギリス政治思想研究――T・H・グリーンを中心として』慶應通信、1986年
  • 芝田秀幹『イギリス理想主義の政治思想――バーナード・ボザンケの政治理論』芦書房、2006年

関連項目[編集]

カテゴリ