アーサー・フィリップ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アーサー・フィリップ
Arthur Phillip
ArthurPhilip.jpg
生誕 1738年10月11日
グレートブリテン王国の旗 グレートブリテン王国ロンドン
死没 1814年8月31日(満75歳没)
イギリスの旗 イギリスサマセット、バス
所属組織 British-White-Ensign-1707.svgイギリス海軍
最終階級 海軍大将
テンプレートを表示

アーサー・フィリップArthur Phillip1738年 - 1814年8月31日)はイギリス海軍の軍人および植民地の行政官である。彼はオーストラリアにおけるヨーロッパの植民地初の提督である。また1788年に、現在のシドニー市となる場所を流刑地として選択した。

幼少期・軍人期[編集]

アーサー・フィリップは1738年ドイツ人の教師ジェイコブ・アーサーと、イギリス人女性の間の子としてロンドンで生まれた。母エリザベスはイギリス海軍の軍人と結婚しており、夫の死後ジェイコブと再婚した。アーサーは、グリニッジ病院の学校で学び、13歳のときに商船員として弟子入りした。

彼は15歳のときにイギリス海軍に入隊し、七年戦争中のミノルカ島の海戦に参加した。1762年中尉に任命されたが、1763年七年戦争が終わったときに現役を解かれ、半給状態となった。この時期に結婚し、ハンプシャーに牧場を買った。

1774年に彼はスペインに対する戦争に参加するため、ポルトガル海軍に入隊した。1778年に本国イギリスが戦争に反対したため、彼はイギリスに戻った。そして1779年に初めての自分の艦バシリスクを指揮することになった。1781年ユーロパの指揮をとることになったが、1784年には再び半給に戻ってしまった。

ニューサウスウェールズ総督期[編集]

1786年10月、彼はイギリス海軍の船Siriusの船長に任命され、同時にオーストラリア東海岸のイギリス流刑植民地であるニューサウスウェールズの総督に任命された。この任命はジョージ・ローズによるものであるとされ、アーサーの牧場の近所に住んでいた彼は、アーサーの牧場での経験をよく知っていた。

彼が8ヶ月かかる危険なオーストラリアまでの航海の船員を集めるのは困難を極めた。彼は新しい植民地で何が見つかるか分からなかったため、必要なものはすべてイギリスから運ばなければならなかった。航海のための援助はほとんどなく、彼の農業や建設、手工業の経験がある人物が船員に含まれるべきだという考えは却下された。778人いた囚人のうちの多くがロンドンのスラムの窃盗犯だった。彼は海兵隊の部隊と植民地を経営する役人数人とともに植民地に向け出航した。

11隻の船が参加した初の航海は、1787年5月13日に開始された。1788年1月18日先頭の船がボタニー湾に到着した。彼はジョセフ・バンクスの勧めに従い、安全な停泊所がなく、水源がないとの理由でこの地は入植するのに適さないと決めた。数日間の探検の後、彼はポート・ジャクソンに行くことを決め、1月26日には海兵隊と囚人たちがポート・ジャクソン近郊のシドニー湾に到着した。

入植の初期は物資は限られ、食料の生産は急を要したがシドニー近郊の土地はやせており、混乱と困難を極めた。さらになれない気候、そしてほとんどの囚人が農業の知識を持っていなかったことがそれに拍車をかけた。農業器具は少なく、囚人たちは農業労働には反抗的であった。そのため植民地は長期間厳しい飢餓状態に陥った。多くの点で自らを統制しなかった海兵隊員たちは、囚人の統制には関心を示さなかった。そのためアーサーは、囚人の中から監視員を選び他の囚人を監督させなければならなかった。これは1811年以後のLachlan Macquarieによる改革で最高潮に達した囚人解放の始まりとなった。

彼はニューサウスウェールズは流刑植民地としてだけでは経営することができないとの認識を示した。そのころHenryとSuzannah Kableの二人の囚人が航海中に荷物を盗まれたとしてある船の船長を訴えようとした。当時イギリスの囚人には訴訟を起こす権利はなかったが、彼は訴訟を起こす権利を認めるだけでなく、二人の囚人を支持し、訴えられた船長に補償を命じた。彼はイギリスを出発する前に「植民地には奴隷制は存在せず、従って奴隷は存在しない。」と語っていた。だがこれにもかかわらず彼は統制を重んじており、鞭打ちや絞首刑は日常茶飯事だった。

彼はまた先住民アボリジニーのEora族(シドニー周辺に居住した)に対する政策を実施しなければならなかった。彼は住人に対してEora族を公正に扱わなくてはならないと命じ、彼らを殺した者は絞首刑にするとした。彼はBennelongというEora族に力を貸し、後に彼をイギリスに連れて行った。Manlyという海岸で誤解が生じ彼はEora族に背中をやりで突かれたが、使用人に口外しないように言った。その後入植者がEora族を不当に扱っている中で、彼はEora族の信頼をたたえ帰還した。しかし、すぐに天然痘などのヨーロッパ人に持ち込まれた病気によってEora族の人口は急激に減少した。

彼が直面していた一番の問題は大規模な土地の譲渡を求めた軍人たちに関してであった。軍人たちは食糧の生産を第一に求められていたが、彼らは食糧生産よりも土地を得ることに熱心になっていた。結果として壊血病が流行し、1788年にアーサーは物資を取り寄せるためにケープタウンへ船を派遣しなければならなくなった。そして食糧の配給制が開始され、食糧の窃盗をした者は絞首刑に処された。

アーサー・フィリップ

植民地の安定[編集]

1790年までに状況は安定した。約2000人の住民は家をもつことができ、食物を生産することができるようになった。彼は囚人ジェームズ・ルースにローズ・ヒル(現パラマッタ)で農場を開くよう命じた。1790年6月にイギリスから第2陣の船団が到着した。しかし、この船団には100人以上の囚人が乗っていたが、彼らのうちのほとんどが病弱で働くことができなかった。そしてイギリス船Siriusは1790年3月に難破しており必要な物資が失われていた。その中で彼は人口の密集を解消するため、後に激しい虐待の地として悪名高くなるノーフォーク島に衛星入植地を建設した。

1790年12月までに彼はイギリスに戻ることになっていた。しかし、植民地は政府に忘れられており何の指示も受けなかったため彼はそのまま植民地に残った。1791年に彼は政府から2つの囚人の船団とそれに加えて必要な物資が毎年送られるとの報告を受けた。しかし、その年の7月に2000人の囚人を乗せた第3陣の船団が到着しようとしていたとき、食糧は再び底をつき彼はカルカッタに船を派遣しなければならなくなった。

シドニーは木造の小屋やテントしかない集落だったが、1792年までに植民地は落ち着き始めた。捕鯨業が普及し、貿易船がシドニーを訪れ、刑期を満了した囚人は農業に従事するようになった。John Macarthurと他の役人たちは羊を輸入し、羊毛の生産を開始した。植民地にはまだ農民や職人、商人が少なく、また囚人たちは自分たちの食糧を生産するだけに限られていた。

1792年の終わり、彼は食糧の不足から体調を崩しついにイギリスに戻る指示を受けた。そして1792年12月11日、彼はEora族のBennelongと数多くの動植物の標本とともにAtlantic号で帰国の途についた。彼の帰国時、ニューサウスウェールズにおけるヨーロッパ人は4,221人でそのうち3,099人が囚人であった。植民地開発の初期は苦闘と困難に直面していたが、最も厳しい時期は過ぎ、ニューサウスウェールズにおいて更なる飢餓は発生しなかった。彼は1793年5月にロンドンに到着し、辞表を提出、そして年間500ポンドの年金の支給を受けた。

アーサー・フィリップ像(シドニー王立植物園)

晩年[編集]

妻マーガレットは1792年に死亡しており、彼は1792年にIsabella Whiteheadと再婚した。少しの間バースで生活した。彼の健康は徐々に回復し、1796年、対仏戦争で責任のある立場に立ち、部隊の指揮をするため海軍に復帰した。1799年1月には海軍少将になった。1805年、彼が67歳の時に海軍大将として海軍を引退。そして、晩年のほとんどをバースで生活した。彼はニューサウスウェールズの友人と連絡を取り続け、植民地の行政の手助けをし続けた。1814年8月31日バースにて75歳で死去。

Bathamptonの聖ニコラス教会に埋葬された、だが墓は長年所在がわからなくなり、1897年に発見された。そしてニューサウスウェールズ州知事のHenry Parkesによって修復された。1937年バースのBath Abbey教会の彼の記念碑が除幕された。他の記念碑はロンドンのMildred's教会にあったが、1940年ドイツ軍の空爆によって破壊された。しかし主要な部分は1968年セント・ポール大聖堂の近くに立て直された。シドニー王立植物園には彼の記念像が設置され、ナショナル・ポートレート・ギャラリーには肖像画が展示されている。オーストラリアでは彼を記念してポートフィリップ湾やフィリップ島の他多くの通りや公園、学校に彼の名がつけられている。また、現在のオーストラリア・ドル導入以前に流通していた10オーストラリア・ポンド紙幣に肖像が使用されていた。

Alan Serleが彼についてオーストラリア人物事典に記述した文は以下のようである。"しっかりとした精神を持ち、謙虚で自己中心的な行動はしなかった。入植地がどうなるか予測するのに十分な想像力とそのときに何が可能で適切なものかを認識する常識を持っていた。ほとんどの人が不満を述べていたときに彼は決して不満を口にせず、ほとんどの人が災害を恐れていたときに彼は希望をもって自分の仕事を続けることができた。彼は流刑植民地を建設するために派遣され、広大な自治領の基礎を築いた。"

関連文献[編集]

  • Phillip of Australia,M. Barnard Eldershaw著,1938年

外部リンク[編集]

先代:
-
ニューサウスウェールズ州知事
1788 - 1792
次代:
ジョン・ハンター