ポートフィリップ湾

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
衛星写真, NASA

ポートフィリップ湾Port Phillip (Bay) )は、オーストラリア南東部、オーストラリアで第二位の規模の大都市メルボルンを擁するである。湾の南西側はベラリン半島Bellarin Peninsula)と、南東側はモーニングトン半島Mornington Peninsula)に囲まれている。ベラリン半島の北西側にはジーロングを擁する湾内湾のコライオ湾がある。湾の外はインド洋タスマン海を結んでいるバス海峡である。湾にはヤラ川などが流れ込んでいる。湾の名はオーストラリア最初の入植団を指揮したアーサー・フィリップにちなんでいる。

1982年12月、ポートフィリップ湾北西岸の干潟はラムサール条約登録地となった。また、絶滅危篤種 (en:critically endangered speices) であるダイダイハラオウム(橙腹鸚鵡、仮訳: en:Orange-bellied Parrot)が同湾の3箇所の越冬地とベラリン半島には生息している。

2008年から、メルボルン港へのスーパーコンテナ船の通航を可能にするための湾口・湾内の浚渫工事中であるが、自然環境上の懸念が議論されている。


座標: 南緯38度09分 東経144度52分 / 南緯38.150度 東経144.867度 / -38.150; 144.867