ポートフィリップ湾

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
衛星写真, NASA

ポートフィリップ湾Port Phillip (Bay) )は、オーストラリア南東部、オーストラリアで第二位の規模の大都市メルボルンを擁するである。湾の南西側はベラリン半島Bellarin Peninsula)と、南東側はモーニングトン半島Mornington Peninsula)に囲まれている。ベラリン半島の北西側にはジーロングを擁する湾内湾のコライオ湾がある。湾の外はインド洋タスマン海を結んでいるバス海峡である。湾にはヤラ川などが流れ込んでいる。湾の名はオーストラリア最初の入植団を指揮したアーサー・フィリップにちなんでいる。

1982年12月、ポートフィリップ湾北西岸の干潟はラムサール条約登録地となった。 その他、絶滅危篤種 (en:critically endangered speices) であるダイダイハラオウム(橙腹鸚鵡、仮訳: en:Orange-bellied Parrot)が同湾の3箇所の越冬地とベラリン半島に、2011年に発見された、100から150頭程度しか生存しない新種のイルカ、「ブルナンイルカ」の主要な棲息地でもある。また、マイルカが2006年に湾東部に定着し始め、[1] 近年はザトウクジラとミナミセミクジラの湾内での確認数も増加している。歴史的には、同湾は特にミナミセミクジラにとっての繁殖地であった可能性があり、[2]現在でも時折フランクストン等の波打ち際近くにも現れる事もある。[3] 鰭脚類では定住するオーストラリアオットセイ含め3種類のオットセイ、オーストラリアアシカが入り込む可能性がある他、時にはミナミゾウアザラシが居着いたり、ヒョウアザラシも現れる。[4]

2008年から、メルボルン港へのスーパーコンテナ船の通航を可能にするための湾口・湾内の浚渫工事中であるが、自然環境上の懸念が議論されている。

参照[編集]

  1. ^ The Dolphin Research Institute, Our Dolphins are Unique. 2014年6月20日閲覧
  2. ^ January 2014 - Southern Right Whales. ABC News. 2014年6月20日閲覧
  3. ^ Minear T., 2014 Whale spotted swimming close to shore in Port Phillip Bay off Bonbeach, Chelsea and Aspendale. Herald Sun. 2014年6月20日閲覧
  4. ^ Fitzgerald E., Jefferies R., 2011. Class - Otariidae. Taxonomic Toolkit for marine life of Port Phillip Bay, Museum Victoria. 2014年6月20日閲覧