アルフレッド・ミルナー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
初代ミルナー子爵
アルフレッド・ミルナー
Alfred Milner, 1st Viscount Milner
Lord Milner.jpg
アルフレッド・ミルナー(1906年)
生年月日 1854年3月23日
出生地 Flagge Großherzogtum Hessen ohne Wappen.svg ヘッセン大公国ギーセン
没年月日 1925年5月13日 (満71歳)
死没地 イギリスの旗 イギリスケント州、Sturry Court
出身校 テュービンゲン大学
キングス・カレッジ・ロンドン
オックスフォード大学ベリオール・カレッジ
所属政党 保守党
配偶者 ヴァイオレット・マクス

内閣 ロイド・ジョージ内閣
任期 1918年4月18日 - 1919年1月10日
国王 ジョージ5世

内閣 ロイド・ジョージ内閣
任期 1919年1月10日 - 1921年2月13日
国王 ジョージ5世
テンプレートを表示

初代ミルナー子爵アルフレッド・ミルナー: Alfred Milner, 1st Viscount Milner1854年3月23日 - 1925年5月13日)は、イギリスの政治家。ガーター勲章勲爵士(KG)、バス勲章ナイト・グランド・クロス勲爵士(GCB)、聖マイケル・聖ジョージ勲章ナイト・グランド・クロス勲爵士(GCMG)、枢密顧問官(PC)。

ドイツギーセンで生まれ、イギリスに渡り、オックスフォード大学で学んだ。財務大臣ジョージ・ゴーシェンの個人秘書となった。1897年、植民地大臣ジョセフ・チェンバレンによりケープ植民地の長官に任命される。南アフリカのイギリス代表として、ボーア政府と対立、ボーア戦争を起こした。第1次世界大戦時にロイド・ジョージの戦時内閣で活躍、フェルディナン・フォッシュ元帥と連合軍司令官に任命した。1891年、アスター卿、ロスチャイルド卿の出資により『帝国評論』(のちに『ラウンド・テーブル英語版』)を発行する。王室とオックスフォード大学から表彰されている。

1925年、オックスフォード大学の総長に選ばれたが、就任前に亡くなる。

ミルナー幼稚園[編集]

ボーア戦争に際し、ミルナーはオックスフォード大学で優秀な若者をスカウトし、アフリカ征服のためのエリートとして養成した。これが「ミルナー幼稚園英語版(ミルナー・キンダーガーデン)」である。メンバーは諸説あるが、下記の人物である。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]