アルビオン (空母)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
HMS Albion (R07) underway 1956.jpg
艦歴
発注:
起工: 1944年3月22日
進水: 1947年5月16日
就役: 1954年5月26日
退役: 1973年
除籍:
その後:
性能諸元
排水量: 基準:22,000 t
全長: 198 m
全幅: 27.4 m
喫水: 7.5 m
機関: 蒸気タービン 2軸
速力: 28 ノット (52 km/h)
武装:
搭載機:

アルビオン(HMS Albion, R07)は、イギリス海軍航空母艦・コマンド母艦(ヘリコプター揚陸艦)。セントー級航空母艦の2番艦。1954年就役、1973年退役。艦番号はR07、同名の艦としては8代目となる。

設計[編集]

艦歴[編集]

1944年ベルファストで起工された。第二次世界大戦終結もあって、建造がスローペースとなり、進水は1947年のことである。1954年に就役した。起工時は、一軸のみの飛行甲板を有する計画であったが、建造中の改設計により、竣工時にアングルド・デッキを装備していた。

就役後の1954年9月には地中海艦隊に配属されている。1956年には第二次中東戦争に参加し、英仏軍の侵攻に対し航空機の援護を提供している。1958年には試験的な運用として、イギリス海兵隊の兵員・車両・機材を搭載し、中東方面へ展開している。その後も、極東やオーストラリアなど、各地に航行・展開した。

1961年に固定翼機に対応する航空艤装を取り外し、コマンド母艦に改装される。これは、ヘリコプターによる兵員の揚陸を行う揚陸艦であった。1962年に再就役し、ヘリコプターと海兵隊を搭載して極東方面へ展開、ボルネオ島における共産主義ゲリラの掃討の支援任務を行った。1967年にはアデンからのイギリスの撤退を援護し、1971年のシンガポールにあったイギリス極東艦隊の解散の時まで、そこに配備されていた。

1973年に退役し、一時は北海油田用の重量物輸送船にする計画もあったが、それは中止され、スクラップにされた。

脚注[編集]


関連項目[編集]

外部リンク[編集]