アリー・ボンゴ・オンディンバ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アリー・ボンゴ・オンディンバ
Ali Bongo Ondimba
Ali Bongo Ondimba at Chatham House 2012.jpg
アリー・ボンゴ・オンディンバ(2012年5月)

任期 2009年10月16日

出生 1959年2月9日(55歳)
フランスの旗 フランス領赤道アフリカブラザヴィル
政党 ガボン民主党
配偶者 シルヴィア・バレンティン

アリー=ベン・ボンゴ・オンディンバフランス語: Ali-Ben Bongo Ondimba1959年2月9日 - )は、ガボンの政治家。2009年10月16日より、ガボン共和国の第3代大統領を務めている。イスラム教徒

経歴[編集]

1959年2月9日、後に第2代大統領となるアルベール=ベルナール・ボンゴ(オマール・ボンゴ・オンディンバ)の息子としてフランス領赤道アフリカブラザヴィルに生まれた。パリ大学卒業後は政界に入り、1981年にガボン民主党に入党した。1989年には外務大臣となり、1991年まで同職にあった。1990年複数政党制導入時にはオートオゴウェ州のボンゴヴィルより出馬して当選し、国会議員となった。1999年より2009年までは防衛大臣を務めた。

2009年6月8日に父のオマール・ボンゴ大統領が在職のまま死去すると、アリーは次期大統領の最有力候補とみなされるようになった。憲法上の規定により暫定大統領となった上院議長のローズ・フランシーヌ・ロゴンベのもとで大統領選が準備され、8月30日に大統領選挙が実施された。アリーは23人の候補者の中で41.7%の票を得て勝利を宣言したが、選挙戦や開票に不正が多いと不満を持った民衆が、9月3日にガボン第2の都市ポールジャンティで暴動を起こした。これを受け憲法裁判所が再開票を行ったものの、10月12日に再び41.7%の得票によってアリー・ボンゴが勝利したと発表し、10月16日に大統領に就任した。