アメリカ動物虐待防止協会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アメリカ動物虐待防止協会(アメリカどうぶつぎゃくたいぼうしきょうかい)はアメリカ合衆国ニューヨーク市に拠点を構える非営利団体。略称 ASPCA The American Society for the Prevention of Cruelty to Animals)。

活動理念として「動物虐待の防止のための効果的な手段を合衆国に提供する」ことを掲げている。英国動物虐待防止協会 (RSPCA) にならい、1866年4月6日ヘンリー・バーグが設立した。アメリカ合衆国のこの種の団体としては最古である。

世界各地に設立されている動物虐待防止協会 (Society for the Prevention of Cruelty to Animals; SPCA) の1つであるが、各SPCAの関係は協力関係であり、ASPCAは国際的なSPCAの下部組織ではなく、アメリカ各地のSPCA(そのいくつかはテレビ番組『動物警察』で有名)を下部組織とするわけでもない。

ASPCAは非営利団体であり、行政からの資金は一切受け付けていない。団体は全国の支援者からの寄付金によって運営されている。

管轄はニューヨーク州で、州法の動物虐待防止法に則っている。ASPCAの有する限定的な警察権は、州内に限られる。

活動[編集]

一般市民からの情報提供を受けて動物虐待などに対する捜査を行い、司法警察権を行使して被疑者逮捕する権限も有している[1] 。危険を伴う捜査と判断された場合は地元警察に協力を要請することがある。

これらの取り締まりだけではなく、ペットの躾やカウンセリング、里親探し等の啓蒙活動にいたるまで幅広い活動が行われている。またアメリカ同時多発テロ事件においては被災地に取り残された動物を救助した。

脚注[編集]

  1. ^ アメリカでは民間の団体やその職員にも司法警察権が付与されている場合があり、ASPCAはその典型例である

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  • ASPCA - The American Society for the Prevention of Cruelty to Animals