アマルバヤスガラント寺

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アマルバヤスガラント寺
アマルバヤスガラント寺本堂
アマルバヤスガラント寺の位置
アマルバヤスガラント寺
Loca tion within Mongolia
座標: 北緯49度28分48秒 東経105度05分06秒 / 北緯49.48000度 東経105.08500度 / 49.48000; 105.08500
寺院情報
所在地 モンゴル国セレンゲ県
創設者 ジェプツンタンパ2世
創設 1727年
改築 1988年
宗教 チベット仏教
宗派 ゲルク派

アマルバヤスガラント寺モンゴル語: Амарбаясгалант хийд)は、モンゴルにある、ジェプツンタンパ2世雍正帝の指示で1736年に建造したチベット仏教寺院である。社会主義政権下で破壊されたが、修復作業が進められている。かつては1500人以上の僧がいたといわれるが、現在では10名以下といわれる。

外部リンク[編集]

アマルバヤスガラント寺ホームページ(英語、モンゴル語)