アフリカ開発銀行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アフリカ開発銀行(アフリカかいはつきんこう、African Development Bank、略称AfDB)は、アフリカで多くの国が独立した1964年アフリカ経済開発促進を目的に発足した融資機関で、各国の債務危機の救済と運輸通信衛生教育・経済・社会インフラの整備も行う。アフリカ経済委員会の斡旋で発足し、1966年に業務を開始した。加盟国はアフリカの全独立国と日米独などの域外国24カ国で構成し、授権資本は229億ドルである。本部はアビジャンにあるが、2002年9月コートジボワールの政情不安から、チュニジアに一時移っている。

その他、貧困の度合いがより高い国々に対してより緩やかな条件で資金供与を行うアフリカ開発資金がある。

構成[編集]

  • アフリカ開発銀行(African Development Bank)
  • アフリカ開発資金(African Development Fund)
  • ナイジェリア信託基金(Nigeria Trust Fund)

出資比率上位国[編集]

加盟メンバー[編集]

外部リンク[編集]